2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

夢中になれることが

1 :≡≡癶( 癶;:゚;u;゚;)癶カサカサ ◆HYDE7mOKxw :2008/05/30(金) 21:20:48 ID:Dzg7lBbzP
いつか君をすげぇやつにするんだ

2 :名無しなのに合格:2008/05/30(金) 21:22:55 ID:NM+0Ig33O
イッパイオッパイ で2ゲット

3 :聖女ボーイ ◆seijo7dsu. :2008/05/30(金) 21:37:13 ID:7ib1s4ET0
糞スレを百倍にして 2ちゃんの主役になろう♪

4 : ◆OKAWARI.Hg :2008/05/30(金) 22:06:38 ID:Mxetz360O
WE〜GOTTA〜POWER〜

5 :名無しなのに合格:2008/05/30(金) 23:54:41 ID:ZcLpivvVO
オナニーですねわかります

6 :名無しなのに合格:2008/06/09(月) 22:20:19 ID:GBuSGSeZ0
はいどん変態公言

85 :もしもし、わたし名無しよ:2008/06/08(日) 01:51:37
変態現るw

86 :もしもし、わたし名無しよ:2008/06/08(日) 01:52:26
荒らすなよはいどん

87 :もしもし、わたし名無しよ:2008/06/08(日) 11:26:16
別にまだ幼いアナルに挿入したいなんて書いていないのに変態扱いかよ

7 :名無しなのに合格:2008/06/10(火) 17:04:35 ID:i2vkkkHxO
今からここを使って受験回想録を書こうと思ふ。



〜高校1年〜
あの時はいちよう大阪でも難関と呼ばれる高校に進学できて、俺は天才かもしれんと思っていた。

今思えば田舎から出てきた少年では世間の広さというものがまだ把握できていなかったんだろう・・・・



高校最初の実力判定模試で現実を知った。

得意と信じていた数学は偏差値53、数学ほどではないけど得意と信じていた英語は55、国語に至っては48・・・・・・
オワタ\(^o^)/



悲しすぎる現実だった。目指していた医者は偏差値70に最低でも届かないと不可能。

授業についていければ合格できるはずだと入学前は思っていたが、こんなに成績は悪くても順位は400人中で100番前後。

ちなみにトップは偏差値がようやく68。
ここで一番になっても医者は愚か京大にも入れない。

いきなり夢は断たれた。

8 :るろう:2008/06/10(火) 17:19:59 ID:eFRL1a4P0
本番が 押し寄せてくる

シコッてる場合じゃない

9 :名無しなのに合格:2008/06/11(水) 00:59:22 ID:aeDFW9IbO
〜16才〜
とにかく入学前の甘い考えは捨てた。
学校で青チャートが配られ、単語帳と熟語帳と文法の分厚い本が渡された。
先生はしっかり勉強すれば東大でも京大でも合格できるから頑張れと言ってくださった。

もう信じるしかなかった。
その日からひたすら勉強を始めた。


だけど中学でも高校受験を控えて毎日2時間ほどは平均してやっていたはずだ。
秋以降はもっとたくさんやっていたはず。
なのに基礎力を見る模試では酷い点数を取ってしまった。


何かの間違いであって欲しかった。
あれよりももっと勉強しないと偏差値70は愚か、偏差値50を維持すること、つまり並でいることも叶わないわけで・・・。

一生かかっても医学部には入れないと正直思った。


10 :名無しなのに合格:2008/06/11(水) 01:49:51 ID:iK5qfOPL0
一日中2chでオナニーレス書いているバカはしねやwww

11 :名無しなのに合格:2008/06/11(水) 09:35:47 ID:aeDFW9IbO
〜16才〜
学校にもなれてきた。
先生は毎日3時間勉強しなさいとおっしゃっていたので割かし真面目な自分はそれに従った。

しかし、みんな3時間すれば差が詰まらないわけで4時間を目標に寮に帰ると夕方1時間半、夜は2時間半程勉強した。
学校で習った範囲はすぐにチャートで復習した。習った範囲が少ないことと勉強時間が多かったため4〜5回繰り返した。


必死だった。
なのに第一回全統では英数の偏差値が62、国語は53程だった。
友達はそれほど勉強していなかった。だけどみんなもっと偏差値が上がっていた。


勉強の効率が悪すぎる。泣きたくなった。親元を離れ、個室もなく、常に誰かのいる状況で一人になれるのはトイレだけだった。
一人でボーッとしたい時はトイレに行くことが多くなった。



12 :名無しなのに合格:2008/06/11(水) 14:13:17 ID:5Qt6aCUDO
誤 夢中になれることが

正 夢中になれるものが 


13 :名無しなのに合格:2008/06/11(水) 21:00:19 ID:aeDFW9IbO
訂正。
偏差値はまだ58程度だった。

〜16才秋〜
第一回では屈辱的な程、点が取れなかった。
2カ月前より伸びていたので良しとするという考えもあったが、プライドが高かったのと医者になるしか自分の人生において他に価値はないと決め込んでいたので偏差値70の頂まで、できるだけ早くかけあがりたかった。


秋は全統第2回があった。
結果は可哀想なものだった。
英数共に63、国語は58だった。


着実に伸びていたが勉強量に対する成績が自分と周囲で比較すると自分の方がやはり劣っていた。


頭が悪いということを間接的にではあるがはっきりと知らしめられた。


また当時はアンテナという小冊子に3000番台までは成績優秀者として載った。

クラスでは70を越える者も現れ、掲載される人が受験クラス100人で7、8人いた。

僕は完全に取り残された。


14 :ろうに:2008/06/11(水) 22:31:39 ID:NCZmPKar0
10
まずは手本見せてくれ

15 :名無しなのに合格:2008/06/12(木) 12:35:44 ID:u3KwdM4wO
〜1年冬〜
学校生活にもすっかり順応し、だんだん入学当初の青雲の志も消え失せていた。


僕がこの学校について分かったことは、この学校で上位5位以内に入らないと東大京大医学部には確実に不可能であるということだった。


またその頃友達の持っていた参考書に衝撃を受けた。


ワダベンは世の中の右も左も分からない自分に天啓を与えたもうた。


詳しくはワダベンの著書に譲るが、要約すると進学校は一年早く授業終えているので、スペック、環境共に大きく後れを取っているの自分には一寸も勝機がないということ。


僕は大いに焦った。
未来のライバルはすでに僕よりも一年早く進んでいる。


その日から予習を始めた。


ちょうどその頃隣のクラスの数学が好きな子と友達になった。


彼は学校の進度よりも3カ月くらい早かった。


もう待ってられない。急ぐことにした。

16 :名無しなのに合格:2008/06/12(木) 22:51:51 ID:u3KwdM4wO
〜16才冬〜
第3回全統模試があった。

結果はパッとしなかった。
僕は誰かに認められたかった。人は何のために生きるのだろう?

僕はとにかく自分が存在してるっていう充実感みたいなのが欲しかった。
誰でもいいから褒められたかった。


結果は数学が偏差値64、英語が66、国語は58。
総合偏差値は63で医学部の判定は軒並みE判定だった。

毎回のことだが自分に失望した。青チャートにきちんと載っている問題ばっかりなのに、何度も繰り返したのに何故か本番ではできない。

できない理由がはっきりとするのはこれから数年も先になるのだが・・・。



焦り。苛立ち。絶望。他人への嫉妬。・・・。

一般に世間では負とされる色んな感情にあの頃は縛られていた。



ただあまりに辛い時は昔の自分と比較することでなんとか自分を保とうとした。

入学当初と比べ、10くらい数字が上がっている。
このまま行けば来年の今頃は偏差値が70くらいに行けるんじゃないのか?

三年になると浪人が入ってくるけどなんとかなるんじゃないのか?

でも理科も社会も入ってくるのにほんとに大丈夫か?
全統の成績優秀者には灘、洛南、開成、東大寺、筑駒などがいないがどうしたんだ?


ひょっとして一般人とは違う模試を受けてるのか?


不安、不安、不安、期待、不安、不安、不安、期待、・・・と主に不安に支配されながら2年生になっていった。

17 :名無しなのに合格:2008/06/12(木) 22:54:26 ID:BSTBs8J5O
つまんねーから消えろ、ゴミ
死ねゴミゴミゴミゴミゴミゴミゴミゴミゴミゴミゴミゴミゴミゴミゴミゴミゴミゴミゴミゴミゴミゴミ

18 :名無しなのに合格:2008/06/13(金) 09:42:53 ID:VwYpmVYHO
〜高校2年春〜
河合塾の基礎力判定テストがあった。


結果はかなり悪かった。基礎力判定テストというだけあって内容は基礎だった。

だけど全く出来なかった。友達でも普段の上位陣とは違う顔ぶれになっていたのであまり気にとめないことにした。


GWに入り一つのことを決意した。
今までは予習をしても定期テストには学校に追い付かれるペースだったが、もう学校は無視して進めるだけ進めていくことにした。
従ってこの時点で授業は一切聞かないし、内職を永遠と繰り返した。


今思えばもう暴走としか言い様のないものだった。

でもみんなの知らないことをすでに知っているというアドバンテージでしか自分を他人よりも秀でさせることはできないと考えていた。


1年生の時点で毎日4〜5時間勉強していた。
もっと勉強するしかないと思ったので内職を含め1日10時間くらい勉強するようになっていた。

19 :名無しなのに合格:2008/06/13(金) 10:07:29 ID:nJLsQqkZO
>>17
こんなやつが落ちる

20 :名無しなのに合格:2008/06/13(金) 11:42:09 ID:Q/RzbjDjO
大阪で難関つったら星光学院と北野くらいだろ

21 :名無しなのに合格:2008/06/13(金) 12:00:51 ID:7/ZJgWmUO
むしろ


空の上から愛の種を 撒き散らして
この地球から 悲しみ消したかった

22 :名無しなのに合格:2008/06/14(土) 02:23:41 ID:Hw9a9TDwO
〜高校2年〜
第一回全統があった。
成績は英語が72、数学が65、国語が60だった。
依然として成績優秀者には程遠い。
クラス内順位は8位とパッとしない。
でも初めて、生まれて初めて偏差値70を突破できた。
嬉しくて親にすぐ電話した。

でも数学は結果がでないし、依然としてE判定のオンパレードだった。
実際不安しかなかった。
朝起きてから夜寝るまでほとんど勉強していた。
ベクトルは2週間で終わった。
続いて指数対数は2週間、微積分は3週間・・・このペースなら復習をしながらでも年内に数3まで終了するだろう。


でも覚えても覚えても頭から抜けていく。

英語は速読英単語を使っていた。
他には即ゼミ、基礎英文。とにかく早く終わらせる。それでしか成果を量れなくなっていた。


焦りで頭の中がいっぱいだった。
医者になりたいし、私立に無理して入れてくれた親にも申し訳がたたなかった。


とにかく結果が欲しかった。
一日の勉強時間は12時間は普通に越えていた。


精神的にも肉体的にも参ってきていた。ちょうどその頃から目に異変が起き始めた。

朝見えていた木が夕方同じ距離から見てもボヤける。

異常に視力が落ち始めた。精神と体力と目の限界に来ていたがそれでも成果が出ないので前に進むしかなかった。

失明するのが先か合格が先か・・・・もう行くも地獄、帰るも地獄だったが、僕は行く地獄を迷わず選択した。


大きな過ちだった。
『倒れる時は前のめり』
これは若い時にはよくある発想だが本当に危険な考えだ。


23 :名無しなのに合格:2008/06/14(土) 09:06:40 ID:Hw9a9TDwO
〜2年夏〜
夏休みが始まった。
去年の夏休みはひたすら遊んでしまった。
従って今回は家庭教師を週一で雇うことになった。
地元の公立の医学部に通われてる医学生だ。


生まれて初めてしゃべる医学生は後光が射していた。

やっぱり話す内容に説得力があり参考になるところも多かった。

その先生は僕を認めてくれた。
このペースなら合格できなくもないと。今思えば明らかにリップサービスだったが僕は勉強が楽しくなった。


その先生が意味深なことを言っていた。医者になりたい動機を聞かれ、適当に答えたが、その先生は君はいつか勉強を辞めるだろう。耐えられなくなるからと。
僕は勉強を辞めるわけない。


しかし目の限界は確実に近づいてきていた。
異常に目が乾く。勉強したいのに勉強すると目を開いてられない。

ジレンマだ。
もうヤバくなってきた。勉強中はジュースにつく水滴で直接目を濡らさないと目を開けられないくらいになっていた。


秋に模試があった。
英語の偏差値は83になっていた。我が目を疑った。
最初点数かと思って凹んだ分嬉しさは2倍になった。
数学68、国語が悪かったので偏差値は68くらいだった。


数字は着実に上がってる。だから勉強は辞められないし、辞める気なんてさらさらない。
倒れる時は前のめりだ。



24 :名無しなのに合格:2008/06/15(日) 17:28:26 ID:W49/f3R8O
〜2年冬〜
もはや限界の時は確実に迫っていた。
目が開けられない。


5分勉強すれば目が乾くので目薬をさした。
集中などできない。
目をつぶりながら勉強すると眠気も襲ってくるし、数学などはできない。


目が痛いのを我慢して勉強すると姿勢が悪くなってくる。
姿勢が悪くなると肩が凝ってくるので頭痛に襲われる。
我慢してると目がチカチカしてくる。
そんな時は20分程横になって休んだ。


だけど休まなくてはいけない周期が早まってくる。
もう来年はもたないんじゃないのかと思った。



2年最後の全統があった。数学から始まったが開始30分で目に限界がきた。


英語をやってる時は目を開けるのが精一杯で集中は全くできない。
最後の方は頭が痛くて何もできなくなった。
国語は早退していいかと先生に聞いたらダメだと言われた。


頭が痛すぎてそれどころではなかったので、出来るだけ早く帰れる現代文のみを選択した。


この日何故か答えが次々と分かった。読むスピードと読解力が上がっている。


ここ3ヵ月新聞を読んだ成果が出たのかもしれないがとにかくさっさと読んでさっさと帰った。


結果は英語69、数学65、現代文83で総合68くらいだった。

初めて成績優秀者に載った。全く振るわなく、意図していない国語の確変により掲載されたが苦節2年、初めて掲載された。


これなら医大に合格できるかもしれない。
すごく満足して実家に帰った・・・・ただもう目はほとんど見えなくなりつつあった。

25 :名無しなのに合格:2008/06/16(月) 15:26:34 ID:YnscMx9IO
〜2年冬〜
地元に彼女ができた。
すごく綺麗な人だった。
来年の春から地元に帰って地元の医学部に通いたいモチベーションが今まで以上に上がった。


すごく幸せな気持ちに浸れた・・・・



新学期になって携帯でよく話した。


会えないから心配になった。
目はドライアイという診断がおりた。
勉強がますます辛くなったが早く合格して彼女と毎日会いたいという気持ちが僕を強くつき動かした。


勉強は先取りの甲斐もあり数3まで終わったが実はあんまり分かっていなかった。



5月に入り全ての歯車が狂い始めた。
彼女と別れた。フラれた。

近くにいないのが大きな原因だろう。
でも彼女が言うには勉強に一生懸命な僕とは合わないみたいなニュアンスの感じの話をされた。

勉強って何なのか分からなくなった。
そもそも何で勉強してるのか分からなくなった。
幸せになるためだったのだろうか?
なら世の中高学歴じゃないと不幸せなのか?
いや、そうではない。勉強なんかできなくても毎日笑いながら幸せに暮らしている人は大勢いる。
その代表が僕の中では彼女だった。
僕は彼女を追いかけたかったのかもしれない。目に限界が来た今、そもそも医者になりたい意味も分からなくなっていたので逃げたくなったのかもしれない。とにかく今すぐここから逃げたくなった。


5月に入り、ドライアイが酷いため共同生活は不可能という理由で自宅から2時間半かけて通うことにした。
彼女の近くに居たかったから別れる前から申請していたが今となっては必要なかったが一人になりたかったし、別れはしたが彼女の近くにいたかったのでそのまま帰ることにした。

26 :名無しなのに合格:2008/06/16(月) 15:32:16 ID:C8XXT+qb0
>>1
長文自演ゴミコテ 涙目で連投中w

27 :名無しなのに合格:2008/06/16(月) 21:00:56 ID:asybsXDAO
>>26
ドライアイになってるんだから涙目は無いだろう

28 :名無しなのに合格:2008/06/17(火) 11:20:08 ID:LAkUgj1GO
〜3年春〜夏〜
目が痛くて勉強するのが困難であったのと心の支えを失って自暴自棄になりつつあった。

勉強を辞めようと考え始めていた。


引っ越しの準備で参考書を実家に持って帰るために一度段ボールに詰め学校のロッカーに入れておいた。


次の日全て無くなっていた。
酷い人もいたもんだ。


僕は無神論者であるがもしこの世に神がいるとすれば踏ん切りを付けられない僕に肩を叩いてくれてるんだとその時考えた。

意外とプラス思考だった。


その日から勉強を一切辞めた。
学校に行き、着いたら寝て、そして帰った。家へ帰ると8時過ぎだからご飯を食べて、ボーッとしてから寝た。
テレビ、マンガは目が痛くなるので週一回のジャンプ以外は見なかった。

友達と話している時も目が痛いので目をつぶっていた。



体育のサッカーは不思議なことに目を開いていても痛くなかった。

どうやらサッカーをしてる時は夢中で目のことを忘れられるらしい。


体育の時間とジャンプだけが一週間のうちの楽しみになった。
後は目をつぶっていた。


医者にかかったが医者もドライアイで治療法があればこっちが聞きたいくらいと言われた。


勉強しかやることの無かった僕から目を取ったらもう何も残らなかった。

志望校を下げて惨めに勉強にしがみつく自分を受け入れられなかったのでキッパリと辞めた。

高校を卒業したら外の肉体労働をやろうと決めていた。


実はスポーツ推薦で高校に入ったんだとみんなが思っていたくらいスポーツが得意だった。


もう随分運動はしてないけどリンゴがまだ握り潰せるくらい体力には自信があった。



29 :名無しなのに合格:2008/06/18(水) 11:16:13 ID:6z3zix+BO
〜3年夏〜
学校の先生が灰人になった僕を見るに見かねて呼び出した。


話し合いをし、治療法を模索し、ドライアイの治療に本気になるように説得してくれた。


気持ちがささくれていた僕は3カ月以内に完治しなければ先生が責任を取ってくれと意味不明な言い掛かりをつけた。


先生はそれでも快諾してくれた。



因みに完治の方法は当時無かった。
いくつか有名な病院を回り、出た回答だった。



秋になりある日突然治った。
下校途中まで目が痛かったが学校に帰ってみたらもう痛くなかった。


まだ無理はできないがそれでも勉強ができるくらいに治った。



感謝しても仕切れない。結局治したのは僕だがこんな僕を最後まで見捨てなかった先生には今でも頭が上がらない。


後日談だが医大に勤務していた親が眼科医に僕のことで相談していたのだが、その眼科医もドライアイで今のところどうしようもないということだった。

僕がその後完治したことを聞いて治療法を聞いてきたほどだった。


僕はこの先生の深い慈愛に対して何らかの形でお返ししたいと思い、もう二度とするまいと決めていた勉強に手を着けることにした。


しかし、半年間完全停止していたのと、参考書が全て無くしていたためもう理系としては今年の受験には間に合わない。


そこで文転し、阪大の経済を目指すことにした。


勉強し始めたが半年間のブランクは大きかった。単語や公式が相当消えていた。

30 :名無しなのに合格:2008/06/19(木) 22:30:30 ID:I2/Ne0OQO
〜3年秋〜
阪大模試を受けてみた。
結果はボロ負けだった。
数学は偏差値が54、英語は51、国語は42。


復帰してから1カ月に満たないとはいえ、文転したわけだから笑えなかった。


それからは真面目にやることした。


ブランクによって失ったもの・・・・
@学力
Aヤル気
B残された時間


@はそんなに大きなものではない。一生懸命頑張ればまた埋まる。
問題はAとBだった。昔ほど集中してがむしゃらにできない。

昔は時間があれば無尽蔵に湧いてくるヤル気があった。


少しでも時間があれば勉強したかったのに、今はもうやりたくなくなってる。


今思えば大学に行く理由を本当は失っていたからだろう。


励ましてくれた周囲の気持ちに完全復活という形で恩返しをしたかったわけだが、そこまで大学に行きたい気持ちはなかった。


高卒になるのは嫌だったし、まだやりたいものが無かったので社会に出るまで猶予が欲しかっただけだ。


そこで自分を追い詰めることにした。
志望校を上げることにした。

今から勉強して阪大経済はすごいか先生に聞いてみた。

すごいとのこと。

それでは阪大の人間科学はどうかと尋ねたら無理と言われた。

だから京大経済まで上げることにして、奇跡を起こすことで復活を果たそうと決めた。




31 :名無しなのに合格:2008/06/20(金) 11:06:27 ID:HjtQEcyuO
〜3年冬〜
自分を追い込んでみたがモチベーションが上がらなかった。


直前の代々木の記述では英語が62、数学が78と出たが、直前の代々木など当てにはならない。


いちよう毎日4、5時間は勉強するが世界史が嫌いでほとんど進まなかった。


とりあえず公民でセンターを受けられるので数学、英語、倫理、物理、国語で挑戦。


英語と数学しか自信はなかった。まあなんとかなるだろうと淡い期待を抱いて挑戦した初めてのセンター試験だった。

32 :名無しなのに合格:2008/06/20(金) 12:35:04 ID:b/HwD7TgO
コイツすげーわ

33 :名無しなのに合格:2008/06/20(金) 16:16:01 ID:X7jhSg+EO
なかなかおもしろい

34 :名無しなのに合格:2008/06/22(日) 10:38:15 ID:8Ah307rUO
続きき似るな

35 :名無しなのに合格:2008/06/22(日) 23:30:15 ID:5ZO6FoCrO
〜高3センター試験〜
とうとう当日がやってきた。
ほとんど緊張していない。
何故なら追い詰められた感もなければ何としても成功させねばという気負いもなかったからだと今になってはっきりと分かる。


これでもかという入念な対策をして、これ以上は何も出来ないから練習通りやって結果を待つだけという時の方が緊張するのではないだろうか?


僕は恥ずかしながら大学の試験で何度かカンニングをやったことがある。


カンニングをする時は
@何もやってないけどとりあえず合格したい時

A対策はやれるだけやって、何度か合格のシミュレーションをしたし、机上の空論かもしれないが理論上合格が確定した時に念には念を入れる時

この2つがある。
【絶対に落ちたくない時=勉強をやり過ぎてしまった時】なのである。


だから対策が十分で合格がほぼ確定したような時ほどドキドキはする。



当然のことながら結果は惨敗であった。

36 :名無しなのに合格:2008/06/23(月) 14:05:49 ID:CH1JnVKiO
〜センター試験〜
数学は2年の終わりにはクラスで常に5番以内だった。
学年で8クラスあったのだが受験クラスは2クラス、理系は1クラスだったわけだから事実上学年で5番以内まで僕の数学は上達していた。


だからブランクを経た後でも理系内では僕を倒すのはセンター高得点(90以上)への一つの課題となっていたみたいだ。


さしずめ僕はハンターハンターの蟻の戦闘練習用カイトみたいなものだった。


なんか虚しかった。
目標ではなく、倒すべき相手となっていたわけだから。



当日、僕は数学で壊れた。数列で数える挙げる愚行を犯してる自分に気付いたので途中で辞めた。


やっぱり勉強不足だった。追い詰められて初めて自分が上がり症でパニックになりやすいことも分かった。



帰り道、友人が嬉しそうに僕に言い寄ってきた一人がいた。

友人『〇〇、数学どうやった?今回はお前に勝てたと思う\(^o^)/』
俺『俺は負けたと思うよ。アカンかったからなぁー・・・』
友人『いやいや、言うてもそこまでやろ?そしたら初めて勝てたかもしれやん。俺は多分90越えたはず\(^o^)/〇〇は?』
俺『・・俺か?・・・60〜70位ちゃうかなぁ。』
友人『マジで!?いやいや、ほんとはもっと取ってるやろ!?・・・・えっ!?、そ、そうか。』





みんなが聞いたのが悪かったむたいな微妙な空気になってしまった。

その後みんなが慰めようとしてたが何を言ってたのかは覚えていない。


37 :連投スマソ:2008/06/23(月) 14:18:44 ID:CH1JnVKiO
〜センター試験後編〜
何故か悔しくはなかった。

自己を客観的に見る自分がいるのに気付いた。


努力は平等。一生懸命やったもんが勝つ。

僕はやってなかった。
ただそれだけのこと。


何故ヤル気が起こらないのか分からんかった。
色々試したし、机にも頑張って向かった。


昔、溶鉱炉の見学に行った時に工員の人が溶鉱炉は1日中フル稼働してると言ってたのを覚えてる。


溶鉱炉は火を消すともう一度稼働させるのに2日は火が付かないらしい。

だからずっと稼働させているらしい。


僕は溶鉱炉なのかな。でも溶鉱炉は火の付け方が分かっているが、僕は火の付け方が分からん。


2年の時に家庭教師の人が『君はいつか勉強を辞める』とおっしゃっていたが、失礼にも僕は鼻で笑って『まさか』と言ったが現実になったわけで・・・・



冬の夕方は薄暗く、記憶の中のあの日の夕方は今でもほの暗い闇の中での夕焼けである。

38 :名無しなのに合格:2008/06/24(火) 13:32:30 ID:HZ0FyjhhO
〜2月〜
センターの結果を覚えてる限りでは数学150前後、英語160弱、物理70前後、国語135前後、倫理80前後。


確実に京大は落ちるが阪大も落ちるから京大に出すことにした。


現役というのはほんとに恐ろしい。
正常な判断が下せない。


数学で全完とまではいかないまでも4完して、英語で7割取れれば問題ない。などというとんでもない皮算用をして突っ込んだ。


相変わらず世界史はやってないので社会にとんでもない穴がある。

それでも出した。


後期も京大経済。むしろ後期は社会がないので受かりやすいとまで思っていた。


痛い子だった。



因みに現役は最後伸びるというのは都市伝説である。


余りにもやってないから基本問題や標準問題が埋まるので飛躍的に伸びるだけで、依然として浪人との差は大きい。


実際、有機化学の特に2などは無勉の状態なら3時間程勉強すれば偏差値は50を簡単に越える。


30→50がたったの3時間だ。
これで現役は最後伸びるからって言われても・・・・・こんなの誇大広告もいいとこだ。

伸びても焼け石に水である。


やはり長期間勉強しなくてはいけない。


まあ、現役は負けの味を知らないためまぐれ当たりがあるのも事実。
浪人は技術は高いが負けた記憶が脳裏をよぎり、尚且つこれ以上は負けられないと追い詰められているため精神力という点において現役に一歩及ばないのではないだろうか?


受験は最終的には精神力の戦いであるというのが僕の持論である。


従って僕は決定力がないということになる。
いくら技術が高かろうが決定力のないFWは代表には必要ない。


ヘナギ<越えられない壁<鈴木師匠
みたいなことも起こりうるわけである。


39 :名無しなのに合格:2008/06/25(水) 00:15:16 ID:3N2i3IDQO
〜卒業〜
結局全落ちした。


京大前期後期落ちた。


酷かったのは前期は社会を受けずに帰ってきた。


今思えば最低な男だった。


何故僕は最後まで戦い切らなかったんだろう。


逃げた当初はもう不合格が決定してるからこれ以上は無駄だから帰ろうと深くは考えなかった。


でもこれから数ヶ月、数年後ジワジワと自分の犯した罪の深さを悔いることになるのであった。


そして浪人を迎えた。

浪人が決定してまもなく親が離婚した。


生活費は父が稼ぐことになるが自営業を営んでいたため僕がそれを切り盛りすることになったことと、金が無かったため予備校は行かなかった。


その代わり英作文対策のために乙会、通称白い悪魔をとることにした。


目標は京大?
いや、一年あるし、目も完全復活したわけでもう一度医学部を目指そうかと思った。


そして僕は敬愛する我師、担任の松田先生(仮称)に電話をした。


一言、医学部はそんなに甘くない。
大人しく文系にしなさいと言われた。


大人しく京大を目指すことにした。


次回は僕と松田先生との師弟関係について少し脱線する予定である。


40 :名無しなのに合格:2008/06/25(水) 10:22:33 ID:3N2i3IDQO
〜先生と私〜
僕は担任の松田先生が嫌いだった。

一年は違う先生が担任で、2、3年は松田先生が担任だった。

1年の担任は熱い人だった。僕が勉強マシーンになったのも多分にあの人の熱に依るところが大きい。

ひたすら勉強しまくった。修羅の如く勉強をした。

英語は熱い先生のお陰もありぐんぐん伸びたが数学は泣かず飛ばずだった。

松田先生は数学の担任で、これといって何かアドバイスがあったわけでもなく坦々と日々の仕事をこなしているように見えた。

色々事件があり、松田先生は生徒のことをあまり考えてくれていないんではないか?と疑うようになった。

また松田先生は優男だったのだ。それと数学が伸びないのと不信感とが相まって僕は松田先生を敵視するようになった。

完全なるヒガミであった。

そういうわけで僕は2年は担任だったのにも関わらず最初の10カ月は話していない。

しかし、何のキッカケだったかはっきり覚えていないが僕は松田先生を見直すようになった。

松田先生は生徒に関心がないわけでも熱くないわけでもなかった。

余計な口出しはしないで生徒を信頼し、有事に備えて後ろからずっと見守ってくれていたのだ。

それを認められるようになったのはドライアイの一件からだった。

先生は普段は冷静で、余り多くを語らなかったが、常に内に秘めた闘志を持っておられた。

僕は松田先生の言うことは無条件に聞く。

何故なら先生は僕を成長させてくれる道へと必ず導いてくれるからだ。

先生にとっては僕は単なる一生徒に過ぎないだろうがそんなことはどうだっていい。

僕は松田先生を尊敬している。それで十分だと思う。

41 :名無しなのに合格:2008/06/26(木) 22:06:08 ID:cN1SPHNtO
〜浪人時代〜
相変わらず勉強が手に着かなかった。やることはやるんだが1日3、4時間程度。

ただ家業も回していかないといけないので仕事の始まる昼の3時から夜の10時過ぎまでは勉強ができなかったので仕方なかったのかもしれない。

とは言え明らかに勉強から逃げていた。

時間をやりくりしようと思えばなんとでもなったのは事実。

そんな調子で一年が過ぎ冬になった。


僕は物理が出来なかった。
しかも京大経済よりも法の方が社会の比率が低いという理由で法志望にしていたので、社会はさらに地理を選択することになったが手を着けたのがセンター2週間前。

物理や国語をやりはじめたのはそれよりも早かったがそれでも11月下旬。

どう考えても死ぬ。
潔く諦めれば良いのだが当日は一丁前に無茶苦茶緊張して頭の中が真っ白になった。

こうなると数学の数列は前から何百番でも数えようとしてしまうくらい正常な判断が出来なくなる。

しかし、数学だけはやはり負けたくなかった。

実は一年間、この日の緊張した場合対策をしていた。
思考が停止するのは一年前から織り込み済みだった。

結果は、英語160ちょい、数学200、国語135、物理70、地理68
数学以外はキツかった・・・・。

しかし、それでも京大に出した。
ほんとはもっとたくさんドラマがあったのだが割愛しよう。

ほんとに信じられないようなドラマがこの後あったのだが・・・・しかし、初めて語るがこの受験回想録はほんとに自己満足で書き始めた。

だから中傷的な意見は実際気にならなかった。
しかし、自己満足過ぎて、そんな自分に嫌気がさしたので次回で終わることにします。


42 :名無しなのに合格:2008/06/27(金) 16:28:25 ID:66To3MEkO
・・・ゴクリ・・・・

43 :名無しなのに合格:2008/06/27(金) 20:28:01 ID:YWuXnoi9O
wktk

44 :名無しなのに合格:2008/06/28(土) 14:19:31 ID:M273cAzrO
〜京大前期〜
数学は惨敗。ここに全てを賭けていました。ここがダメなら落城します。
敗因?センターに対しては合言葉作戦を立てていたのですが京大対策はこれといってやっていませんでした。

今見てもあの年の数学は難しい。
あれから数段上に実力は上がっていますがそれでも3、4完しかできないでしょう。
あの頃をナックルとしたら今はピトーくらいは力があると思います。

ならあの時の僕にはなす術はないのも無理はないと思います。

英語も惨敗でした。
そもそも数学英語で稼いでそのまま逃げ切るには今現在の実力がないと無理だったんだなって最近になって分かりました。
完全に若気の至りです。

簡単に落ちました。もう自分には通用しないのは肌で感じ取っていたのかもしれません。
だから国語の時は恐怖から震えが止まらずまともな字が書けませんでした。


45 :名無しなのに合格:2008/06/28(土) 14:33:50 ID:M273cAzrO
〜後期試験〜
前期はズタボロに負けました・・・・・実はこの時点で僕の受験は同時に終了しました。


実は、後期は迷いました。初志貫徹というか、クラスのみんなで受験頑張ろうねって誓いあったわけで、退くことはみんなを裏切ることになるのではと思いました。


しかし、頑張りきれていないわけで、そしたら退く退かない以前にもう誓いは果たせていません。

だからもっと現実に目を向けました。神大くらいに落としてみようかと考えました。

ところがそれを悩んでいたまさに当日が〆切だったので自動的に前期が負けた時点で受験は終了しました。

当時はそんなに3月入試とかもありませんでした。
あるのはFランとかドキュソのスクツみたいな大学とかしかなかったので完全に焦りました。

ここまで来たのにFラン?・・・・もう未来はないのかなぁ・・・。

当時はFランとかの用語もありませんでしたがそんな概念は朧気ながらありました。

死のうかと思いました。



2ヶ月後、僕は同志社大学にいました。
実は親が色々探してくれてセンター利用でギリギリ期日の間に合う所を探してくれていました。


親は僕を不憫に思ったらしく今年は環境も整っていなかったし、実力的にはもっと上位に行けるのでは?と慰めてくれました。
そして2浪で京大か医学部は?と勧めてくれましたが僕はこの受験を通して自分の詰めの甘さとか意志の弱さを痛感し、仮に学力的にはもっと上に行けるとしても僕の受験総合力はこのくらいだと認めました。
むしろこんな僕を拾ってくれた同志社大学に感謝しました。


46 :名無しなのに合格:2008/06/28(土) 20:40:30 ID:M273cAzrO
〜受験を終えて〜
受験は難しいです。
僕は自分が傲慢だったのが最も大きな敗因だと思います。

もっと素直に人の話を聞くことが必要だと思いました。

それから受験は孤独な戦いですが個人でやる必要はないと思います。

鬱になっちゃいます。
友達を作って、良い意味で触発しあいながら力を付けるのはどうでしょう?
参考書を使い回すとか情報を交換するとか、互いに教え合うとかも有効だと思います。
意外に良いのがよく分かってる人に問題を一から説明すると如何に分かっていないのかがよく分かります。

尚且つ、聞いている分かっている側も分かってない人のダメな考え方やダメな表現、イメージを正していく中で正しいイメージ、考え方を再確認し、定石がどこまで揺るぎのないものか等、再発見できると思います。

受験を孤独な戦いにするのは勿体無いと思います。
切磋琢磨できる友達や、両親や家族に協力してもらうことで一層人の輪を強め、生きている実感を強めることができるんじゃないのかなって思います。


これで僕の話は終わろうと思います。
今までスレを独占して申し訳ありませんでした。


47 :名無しなのに合格:2008/06/28(土) 23:02:42 ID:PdokpigHO
ありがとう
すごく参考になった

ちょっと夢中になれること探してくる

48 :名無しなのに合格:2008/06/29(日) 02:25:18 ID:npM13h4gO


49 :名無しなのに合格:2008/06/29(日) 04:03:39 ID:glBW+BDZ0
           /:::::::::::::::ヽ
                _/       ヘ-、
             〈/:::::::::::::::::::::::::::::V/
               /l::::/:::::,'::::::::i:::::l::!:ハ
               ~|::::l:::::/:::::::::l:::::l::i:!」
             ヽ:{::::{:::::::::/:::/:::リ
             , ィ ト{八::::/リj/V-、  シュッ !
             {{ | |  `''   | l }} i!   シュッ !
             {:',|└─‐‐─┘|// i!
             {ヘ  ̄ ̄ ̄ ̄ / :} i!
          , -―-ゝヘ  _ノ  {_/ ___
         {   >=入_、____人=<  ヽ
         ヽ                 /
          \      ` ´      /_,,..i'"':,
            ヽ       !     / |\`、: i'、
             `ー-一'^ー-一 '     \\`_',..-i
                              \|_,..-┘


50 :名無しなのに合格:2008/06/29(日) 23:41:03 ID:JsXZL2noO
〜その後〜
大学に入り塾の講師をした。

小学生から高校生まで手広く教えた。

高校生を指導するのは楽しかった。

とは言ってもレベルは並の公立高校の普通科の定期テストのレベルだった。

英語も教えた。文を読むレベルになかったのでひたすら文法問題集を繰り返させた。

2年間の合格実績は関西大学と近畿大学と同志社女子だった。

己の無力さを悔やんだ。


彼女も20才でできた。大好きだった。
でも健康みたいなもので身近にある時は粗末にしてしまった。

僕は2年付き合った後、たくさん傷付けて別れてしまうことになる。

あれからもう何年も経つが時間が戻って欲しいと思う。
もっと大切にしたかった。

次に付き合った彼女は塾の卒業生だった。
年の差は4つ。小さくはないかもしれない。
僕はこの彼女と同じ大学に行きたいと思った。

当時僕は商学部にいた。就職が厳しい時代だったため資格が欲しいと思った。

そこで受験は不完全燃焼だったのでここで完全燃焼しようって決めた。

どうせなら経済系で最難関の公認会計士を目指すことにした。

そしてバイトをしてダブルスクールの費用を稼いだ。

家は貧しいので仕送りはない。学費も自己負担。だから月の6万の奨学金は生命線だった。



51 :名無しなのに合格:2008/06/29(日) 23:55:57 ID:JsXZL2noO
3年になり、お金が貯まったのでダブルスクールを始めたがバイトと学校と勉強の両立は難しく、集中出来なかった。

また受験生を抱えていたのでそっちが気が気でなかった。

その時の受験生が後の彼女になる子だった。
彼女は保険学科に行きたいとのことだった。
彼女を高校一年から見てるが高校3年になって初めて勉強を本格的に自分からやりはじめた。

ここでは個人のことを深くは書けないので表面的な言葉を使わせてもらいます。
あることで僕は彼女を軽蔑していた。
大事な生徒だが一部軽蔑していた。
でも夢を語り、受験を頑張りたいと真剣に言う彼女に僕は今まで大きな誤解をしていたと気付いた。

そこから大事な生徒以上に特別な気持ちが湧いてきた。

彼女は尊敬できた。
僕は彼女の近くにいたいと考えるようになり始めたが、現実的には不可能だった。

その頃、会計士という職に対して本当になりたいのか疑問に思い始めていた。
でも勉強が進まないので逃げているだけなのかもしれなかった。

僕は真剣に未来について考えることにした。

彼女の医療系に対する熱い気持ちに羨ましいという感情が湧いてきたのもちょうどその頃。


そんなある日僕はコンビニでブラックジャックによろしくを読んで、とてつもない世界が世の中には存在していて、それを僕もこの目で見てみたいという気持ちになり、その日大学を辞めた。

2月のことだった。
大きな波がうねりを上げて僕を呑み込もうとしていた。

52 :名無しなのに合格:2008/06/30(月) 00:05:10 ID:npM13h4gO
なにしてんだwwwwww

53 :名無しなのに合格:2008/06/30(月) 11:21:12 ID:SDYZusLwO
〜再受験〜
宅浪が始まった。
今思えば本当に考えを改めるべきだった。
自分の未来に何が待ち受けているかその時は知る由もなかったから仕方ないと言えば仕方なかったが・・・。


完全に思い付きだけで深くは考えず行動していた。

予備校のお金は捻出できなかった。また親には大学を辞めたことは伏せることにした。

騒ぎが大きくなるからだ。大きくなって合格しやすくなるなら騒いだ方が良いが、そんなわけないので黙っておくことにした。

しかし、父には話した。すでに血縁関係も切れていたし、元々僕の意見は尊重する人だったし、最近は子供に興味があまりないように感じられたので話しておいてマイナスにはならないだろうと思ったからだ。

案の定すんなり理解してくれた。
いちよう復学できることも考えておけと言われたが、学費として貯めていた30万のうち20万を大学を辞めると決めた後日、募金箱に入れてしまったのでお金が払えなくなっていたので帰れないし、帰る気もないと伝えた。
制度上僕は学費が払えなかったので除籍になった。
完全に退路を断ったわけだ。


ところで生活費を稼がないといけないのでバイトをすることにした。

バイトするくらいなら募金するんじゃなかったと少し後悔したが、まあ大学を辞めるということはそれだけ大きなキッカケが必要だったと今も思う。


数3から始めた。
学校の教科書併用問題集から始めた。
難しかった。

54 :名無しなのに合格:2008/07/01(火) 12:43:47 ID:2yjFGEhRO
〜復帰戦〜
5月に模試を受けた。
英語の読み方を4月に変えてみることにした。
何故なら医学部に行くのに数学の力は必要だが一年では偏差値が73、4に届くくらいがやっとだろうと感じたからだ。


最低でも75は出しておかないと医学部は受からない。
僕は勝手にそう思っていた。

ちなみに僕の志望校は信州大学であった。
理科まで手が回るはずがないので英語を作り直して偏差値を80に乗せて、数学を73まで伸ばし、センターを90%に乗せる。
そうすれば信州大学なら受かるだろうと思っていた。


そういうわけで2教科受験だった。



結果は英語72、数学71。
英語は昔の読み方の方が速いし、正確だと現時点では思ったが、従来の読み方だと運が良くて80、せいぜい75が限界だと感じた。

実際に模試を受けてみて、仮に従来の読み方で読んだとしても伸び白は少ないと感じた。

新しい読み方だと今までの勉強時間の半分以下で80はおろか、90までのビジョンが、妄想ではあるが、見えていた。

数学は数3が極限までしか出ておらず、メインは12ABだったし、使っていた参考書に極限の類題みたいなのがあったのでピンときたのでほぼ完答できた。


しかし、数字はまずまずだったが今後の伸びを問われた時、非常に自信がなかった。

英語は伸びても数学はこれからジリジリ後退していくのを予感させた。



数学にはビジョンを見い出せずにいた・・・。

55 :名無しなのに合格:2008/07/01(火) 15:58:15 ID:2yjFGEhRO
〜浪人生活〜
実は楽しかった今までの人生の中でも一番楽しかった時期だったかもしれない。

勉強はそれなりに辛かったが、それでも輝ける未来に繋がっていると思えばまだ我慢できた。

何より彼女がいたから幸せだった。

しかし、僕は自制心のない人間だったのでその内に彼女に溺れていくのだった。

またバイトが4時から10時30分まであったので勉強する時間がまたしても削られた。

56 :名無しなのに合格:2008/07/01(火) 17:05:39 ID:TP6stX5y0
〜そして今〜
いま僕は在宅のプログラマーをしている。

希望の医学部には受からず私立の工学部に再入学したのだ。

まだ生き遅れといった歳ではないが独身だ。

偶然にも4歳下の元彼女は同じアパート、隣の部屋に住んでいる。

どうやら僕と同じ年齢の男性とおめでた婚をしたらしい。

信じられないが夜な夜な響く隣からのアンギシ音が僕を現実に引き戻す。

僕はなにがしたいんだ。激しい感情が脳裏をよぎる。

持病となった鬱が暗い洞窟へ僕の足を引っ張る。不思議と嫌な感覚はない。

ただ僕には自信を持って誇れるものがある。

それは愛だとか金だとかそういうものではなく、言葉では表せないものだ。

だから僕の人生に悔いはない。それは僕にとって唯一の幸せなのかもしれない。

目の前には大きな窓がある。空気が汚れていて星が見えない。

いつもの日課のように隣からアンギシ音が鳴り響く。

それを聞きながら僕は性処理を行う。これも日課である。

僕が事を終えた後も変わらず聞こえるアンギシ音。目の前には練炭がある。

不思議と怖くない。恐怖を隠してるだけかもしれない。

その性の醸し出す協和音を堪能しながら、僕は静かに息をひきとった。

57 :名無しなのに合格:2008/07/01(火) 17:20:18 ID:GIYyiPjZO
死ぬなwwwwww生きろwwwwwwww

58 :名無しなのに合格:2008/07/01(火) 19:11:18 ID:B8hk/DwA0
    ,:::-、       __
      ,,r::::::::::::〈:::::::::)    ィ::::::ヽ
      〃::::::::::::;r‐''´:::::::::::::::::::::ヽ::ノ
    ,'::;'::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     l::::::::::::::::::l::::::::::●::::::::::::::●:::::ji
    |::::::::::::::::::、::::::::::::::( _●_)::::::,j:l  ママー!
    }::::::::::::::::::::ゝ、::::::::::|∪|_ノ::;!
.    {::::::::::::::::::::::::::::`='=::ヽノ:::::/     
    ';::::::::::::ト、::::::::::::::i^i::::::::::::/
      `ー--' ヽ:::::::::::l l;;;;::::ノ
【ラッキーレス】
このレスを見た人はコピペでもいいので
10分以内に3つのスレへ貼り付けてください。
そうすれば14日後好きな人から告白されるわ宝くじは当たるわ
出世しまくるわ体の悪い所全部治るわでえらい事です


59 :名無しなのに合格:2008/07/02(水) 01:22:56 ID:o8kdVZlUO
>>56
不覚にもワロタ


在宅プログラマーにはなってないよ;;ー∀ー

たしかにそんな暗い結末が待ってなくもない・・・。

60 :名無しなのに合格:2008/07/03(木) 21:01:08 ID:EVaXyMlEO
〜夏〜
始めは意気込んでいたのだがついつい遊んでしまい朝の11時に起きて、夕方までに4時間程勉強をして自己嫌悪に陥る毎日を過ごしていた。
化学の理論はそれなりに終了したが無機化学はさっぱりだった。
というわけで夏は無機化学を頑張ることにした。
数3は積分計算に入った。


ちょうどこの頃母親に大学を辞めたことがバレる。

しかし無視を貫いた。何を言われても元に戻る気はないし、もう戻れなくもなっていた。


積分の計算はパターンが無限にあるように感じた。やれどもやれども忘れる。

細野の面白いほど分かる本を読んで微分と極限は勉強したが一対一に移っても全く分からんかった。


無機は照井の本を端から覚えようと何度も読んでいたが入るわけもなく、次第にやる気は失せていた。


化学から離れ、数学は捨てようかと考え始めた。

61 :名無しなのに合格:2008/07/04(金) 02:11:57 ID:zRamRMlXO
〜第2回全統〜
相変わらず英語は良かった。
今回は4月から練り上げた読解法がようやくしっくりしてきた。
結果は偏差値が82。

数学はもう限界にきていた。
全く数3ができない。しかし、全統はまだ簡単だったし、12ABで稼いで偏差値は67。
信州はB判定。いちよう冊子にも名前が載ったが、ジリ貧だった。
センターは81%くらい。英語と数学で稼いで他が貯金を食い潰す展開だった。

ヤバいのは分かっていたが彼女とはやはり遊んでいた。

彼女もヤバくなっていった。




あの時に戻れたら俺はどんな手を使ってでも彼女と俺を引き離し、勉強させるだろう。

二人の先には地獄しか待ってないのだから・・・・

62 :名無しなのに合格:2008/07/04(金) 16:29:35 ID:zRamRMlXO
〜秋〜
相変わらず勉強はボチボチだった。

無機化学は嫌いだから放置してたがそろそろやらないとセンター模試すらヤバい。

そして有機を10月くらいからボチボチ始めた。
しかし全く分からん。

今思えばただ覚えるだけの話だったんだが全く分からんかったから放置気味になっていた。

数3は細野を暗記しては1対1でボコボコにされてを繰り返した。

全く理解できていなかったわけだ。
そして問題集が悪かったんだと思い、実況中継を買ってきた。


しかし、余計に混沌としてきた。



〜第3回全統〜
やってるそばから分かったのだが数学が死んだ。

ベクトルですら歯が立たない。これが理系の壁なんだと思い知らされた。

文系<文系トップ<越えられない壁<理系上位層

こんな図式がありました。

結果は数学が62。英語が87。
英語は順調だった。ただ英作文対策が出来ていないからこれ以上は点が伸びない所まで来ていた。


決心した。
センターのみで医学部へ行くことにした。
もしくは英語と小論文で受験するのがベターだと思った。


その日からセンターの勉強を始めた。


46 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)