2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

四国医療工学専門学校について語ろう!

1 :早乙女:2008/06/18(水) 09:20:17
よろしく!

2 :現代医学のウソ:2008/06/18(水) 11:04:27
病気になるのは決してウイルス等に感染するからではなく、体内に取り入れた毒や邪霊の憑依によって起きる。風邪は狐の分霊が気の防御の隙間から入るのである。昔の人はこの事を知っ
ていて、狐の嫌いな葱や梅干を体に貼った。
漢方薬にも生姜と桂枝が入っている。ウイルス等は毒素を分解してくれる。ではなぜ、抗生物質の毒で病気が治るのか。
細胞が毒や邪霊を追い出す為に発熱する。抗生物質の毒が細胞の炎症を止め、壊死を防ぎ邪霊を追い出す為である。
塩付けのハムが腐らないのは、塩に邪霊を祓い清める力があるからである。
がんは早期発見して、取り除けば治ると言うのは嘘である。5年ぐらいで再発する。がんになる原因は肉類を食べるからである。
肉類は消化されて血液となる。その血液が細胞に化成する時に、殺された動物達の怨霊が細胞に宿って、宿主をとり殺そうと活動する。
それががん細胞である。だから、がん細胞を殺しても穢れた血液がある限りは、がん細胞を産生する。
代替医療にマクロビオティック療法がある。食事を菜食にしてがん細胞となる血液の元を断ち、有機農法で作られた玄米の力で自然治癒力を高めてがん細胞 を退治するものである。(有機玄米は太陽の神気が入っているからで、
農薬漬けの物はその力がない。)
いくら万能なマクロビオティック療法でも悪性のがんには効果がない。現代医学は発達しているのに病気が減らないのは、本当の治療法が確立して
いない事と、人間の悪業が改まらないからである。


2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)