2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

民事訴訟法の勉強法12

1 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 02:49:36 ID:???
[過去スレ一覧]
● 民事訴訟法勉強法 ●
http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1034497853/
#http://makimo.to/2ch/school_shihou/1034/1034497853.html
● 民事訴訟法勉強法( ●
http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1052703477/
#http://makimo.to/2ch/school_shihou/1052/1052703477.html
民事訴訟法の勉強法3
http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1065737443/
#http://makimo.to/2ch/school_shihou/1065/1065737443.html
【眠素】民事訴訟の勉強法4【明想】
http://school2.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1076728924/
#http://makimo.to/2ch/school4_shihou/1076/1076728924.html
【眠素】民事訴訟の勉強法5【明想】
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1095935986/
#http://2ch.dumper.jp/0004615443/
【眠素】民事訴訟の勉強法6【明想】
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1115673947/
#http://makimo.to/2ch/school5_shihou/1115/1115673947.html
民事訴訟法の勉強法■07
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1131887539/
【眠素】民事訴訟の勉強法8【明想】

民事訴訟法・執行法・保全法の勉強方法
http://school7.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1162578034/
民事訴訟法の勉強法 10
http://school7.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1179577516/
民事訴訟法の勉強法 11
http://school7.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1196334077/
http://school7.2ch.net/shihou/kako/1196/11963/1196334077.html

2 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 02:50:13 ID:???
【民訴】
上田徹一郎(4版)……自説主張が弱く、網羅的。15年改正対応。
伊藤眞(3版再訂版)……旧訴訟物理論。少数説が多い。体系はしっかりしてる。
               16年改正対応。会社法改正対応
大学双書(2版補訂)……網羅的でいいという声がある一方、多人数による共著のため、
         一貫性がないという評も。無難。16年改正対応。会社法改正対応。
S(5版)……薄い。通読用。16年改正対応。会社法対応。
〔その他〕
総研(改訂版)……掲載されている論点が豊富。ただし試験に関係ない記述も多数。淡白。16年改正対応。
林屋礼二(2版)……読みやすさが評価されているが、論点落ちがある。意外と厚い。
         新訴訟物理論だが前面には出ていない。16年改正まで対応。
新堂幸司(3版補訂)……新訴訟物理論。独自説が多い。16年改正対応。会社法改正対応。
三谷忠之(2版)……薄め。判例重視。15年改正対応。
松本博之=上野泰男(4版)……16年改正対応。
小林秀之=原強「論点講義」(3版)……16年改正対応。
納谷廣美「講義民事訴訟法」……読み易くコンパクト。実務も重視。
高橋宏志『重点講義 民事訴訟法 上』
同『重点講義 民事訴訟法 下〔補訂版〕』

3 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 02:51:01 ID:???
>>2
数年前のテンプレはるなよ

4 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 02:51:59 ID:???
以上で、テンプレ終了〜

5 :氏名黙秘:2008/05/16(金) 08:17:32 ID:???
小林ゼミに入りたい

6 :氏名黙秘:2008/05/17(土) 12:39:58 ID:???
既判力について、基本的な質問だけどいいですか?
次の@Aの関係が、よく考えると分からなくなったので、誰か解説をプリーズ。

@既判力の消極的作用
前訴がXのYに対する貸金返還請求(XY請求)で、原告Xが勝訴した場合、
後訴では、前訴の事実審口頭弁論終結時前に弁済や消滅時効完成があった
という主張は排斥される。

A既判力の客観的範囲
前訴がXのYに対する所有権に基づく抹消登記手続請求(XY請求)で、
所有権はXにあるという理由で原告Xが勝訴した場合でも、
Yは、前訴の事実審口頭弁論終結時前における
当該不動産についての自己の所有権を確認する旨の後訴を提起することは、
既判力によっては妨げられない(確認の利益はあるものと仮定)。


よく分からないのは、
前訴がXのYに対する所有権に基づく抹消登記手続請求(XY請求)で、
所有権はXにあるという理由で原告Xが勝訴した場合(事例Aとします)です。

この場合、既判力は、XのYに対する所有権に基づく抹消登記手続請求権の存在
という点に生じており、したがって、抹消登記手続請求権の存在という既判力事項と
矛盾する主張・立証が後訴で排斥されるというのが、その消極的作用ということに
なると思います。となると、前訴事実審口頭弁論終結時に当該不動産の所有権が
Yにあったという主張は、(上記Aでは既判力の客観的範囲外とされていますが)
前訴既判力の消極的作用に抵触しないだろうか、ということです。

7 :6:2008/05/17(土) 12:43:00 ID:???
>6のうち、「A既判力の客観的範囲」の3行目

「〜前訴の事実審口頭弁論終結時前における」
     ↓
「〜前訴の事実審口頭弁論終結時における」

すみません。

8 :氏名黙秘:2008/05/17(土) 16:16:04 ID:???
@についていえば、訴訟物との関連において弁済や時効消滅(という法律効果を発生させる要件事実)を主張することが許されないだけであって、
別な訴訟物との関連においてその事実を主張するのは既判力によっては遮断されない。
たとえば時効期間の経過という顕著な事実。

9 :氏名黙秘:2008/05/17(土) 20:01:05 ID:???
訴訟物同一でなくても、いわゆる先決関係等、たとえば、
前訴 : 所有権確認のX→Y請求(原告X勝訴)で、
後訴 : 所有権に基づく抹消登記手続請求のX→Y請求 の場合でも、
「前訴事実審口頭弁論終結時以前にX→Aの所有権移転があった」という
所有権喪失の抗弁は、後訴において、
前訴既判力の消極的作用によって遮断されると思われ。


既判力の作用の仕方についてのイメージだけど、、
最近では、「前訴の既判力が及ぶ範囲」を先に観念した上で、
後訴の要判断事項が、その範囲とオーバーラップするか否かによって、
後訴に、前訴既判力の作用が及ぶかどうか判断するというイメージの方が
たぶん一般的だと思う。
つまり、
 ×「同一関係・矛盾関係・先決関係だから、後訴に既判力が及ぶ」
ではなく、
 ○「後訴に既判力が及ぶのは、同一関係・矛盾関係・先決関係の場合」
ということ。

ただ、こういう整理は、あくまでも訴訟物を基準として考えているが、
消極的作用の議論は主張・立証レベルにも規律を及ぼそうとする。
両者は、あまりしっくり整合しないような気がするんだけど……。

10 :氏名黙秘:2008/05/18(日) 19:09:53 ID:???
基本書を1冊買おうと思ってるんだけど、総研と新堂、どっちにしようか迷ってる。

11 :氏名黙秘:2008/05/18(日) 19:11:07 ID:???
>>10
どっちも1冊だけじゃすまない本だな。
1冊ですましたいなら伊藤眞にしとけ。

12 :氏名黙秘:2008/05/18(日) 19:25:38 ID:???
>>11
新堂はかなり分厚いけど、あれでもまだ足らないの?

13 :氏名黙秘:2008/05/18(日) 20:56:32 ID:???
まだ話題になってないと思うけど、
今年の新試証明妨害出たよ。

抽象論ばかり書いて証明主題がなにか書き忘れたような気が・・

14 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 16:01:35 ID:???
総研みたんですけど、確かに淡泊過ぎて自分には合わない感じでした。
となると伊藤眞ですかね??

15 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 19:31:21 ID:???
>>14
伊藤眞はいいよ。
結論が判例の立場にいちばん近いと思う。理由付けは独特だけど。

16 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 19:34:35 ID:???
結論が一番判例に近いのは藤田だろw

17 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 19:37:22 ID:???
今年の問題を解いてみて思ったが
足りる足りないの問題ではなく
その条文が背負っている制度の趣旨をきちんと理解できる
基本書が一番良いのかもしれないね。

18 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 19:39:53 ID:???
ってことは総研

19 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 19:51:05 ID:???
伊藤眞を勧めてる奴は何なんだ。
微妙な説が多いだろ

民訴は新堂にしとけ
と、高橋で



20 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 19:51:59 ID:???
伊藤眞が微妙な説なら新堂、高橋は何なんだよw

21 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 19:58:09 ID:???
>>17
その基本書は???

22 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 20:00:11 ID:???
伊藤眞は、整理がイマイチで、文章もビシッと決まらない。
読んだ気になって答案を書けない受験生が使う本。
頭の悪い奴向き。

新堂で筋の太い思考を身につけ、高橋で補充する。
これが最強。無敵のラインナップ。


23 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 20:00:56 ID:???
結局、定評のある基本書を自分の目で確かめてみなってことだろ。
伊藤、新堂、高橋、理解できればシケタイでも構わないw新試験も余裕。

24 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 20:02:21 ID:???
>>22
古いよ。

25 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 20:02:37 ID:???
>>22
眞の本は、チンタラチンタラ書いてあるって感じがする。

26 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 20:03:39 ID:???
最近、上田の名前を見ないのはどうして??

27 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 20:06:10 ID:???
>>26
上田本=元ネタは受験雑誌の連載=予備校批判=ローで採用されず・・・か?


28 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 20:07:45 ID:???
山本和彦・民事訴訟法の基本問題(判例タイムズ社)
読んだ奴、いるか?

山本が、
伊藤説と高橋説を批判的に検討している本

29 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 20:09:01 ID:???
>>24
古いっていうけど、
山本や伊藤説を採る必要はないだろ

30 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 20:10:47 ID:???
>>29
いまさら新堂・高橋説をとる必要のほうが全然見あたらない。
伊藤眞説なら少なくとも判例の結論に近い

31 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 20:11:30 ID:???
新堂第4版は9月頃の予定

32 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 20:11:42 ID:???

572 名前:氏名黙秘 :2008/05/19(月) 20:09:18 ID:???
俺が使っていたマイナーな基本書に以下の記載あり

証明妨害の法理は,これらの明文規定を超えて,証明妨害の行為に対しては
サンクションを与えようとする一般的な法理論である。
学説において,証明妨害の法理が信義則(2条参照)によって基礎づけられる
点ではほぼ一致している。争われているのはその効果である。
裁判所が諸般の事情を考慮して,要証事実の存在の推定,真実擬制,または
証明度軽減の中から自由に選択できるとする判例がある(東京高判平3.1.30)。
証明妨害に対するサンクションを認めた判例においては,証明責任を転換する
ものもあるが(東京地判平2.7.24百選124),学説の多数は,証明妨害的行為
を裁判官の心証(247条)において斟酌する証拠評価説(たとえば大阪高判昭55.1.30)
を指示している。

33 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 20:12:11 ID:???
てか、全部判例説でいいんじゃね

34 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 20:13:05 ID:???
>>33
判例が存在しない分野が出題されたらどうするんだ?

35 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 20:14:09 ID:???
>>30
ま、ちょっと誤解を招く書き方だったが
新堂・高橋説を取れっという意味ではなく
学習効果が高いと言う事。

ただ、君が古いというので、試験対策として十分だと言う事を言ったまで。
民訴を勉強すればするほど、新堂を読みたくなると思うが?


36 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 20:14:32 ID:???
>>34
実務はともかく、試験的にはそんな問題は出ないだろ。

37 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 20:15:41 ID:???
高橋は読むだろ
高橋説とか関係なしに

38 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 20:16:17 ID:???
今、学部3年なんですけど、
民訴はまだ勉強したことないです。

いきなり新堂みたいな「男の一冊」じゃはやいですかね???

誘導願います。

39 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 20:17:07 ID:???
>22 名前:氏名黙秘 本日のレス 投稿日:2008/05/19(月) 20:00:11 ???
>伊藤眞は、整理がイマイチで、文章もビシッと決まらない。
>読んだ気になって答案を書けない受験生が使う本。
>頭の悪い奴向き。
>
>新堂で筋の太い思考を身につけ、高橋で補充する。
>これが最強。無敵のラインナップ。

今さらお前が何言っても説得力ないよ。お前何様なんだよ。

40 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 20:19:51 ID:???
旧訴訟物論なら総研、新訴訟物論なら新堂。

41 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 20:22:32 ID:???
>>38
もう少し常識的に考えましょう。
あなたが誰か,どのくらい法律が得意なのか,
どのくらい勉強しているのかもわからないのに,
勉強のアドバイスなんてできません。
なので,新堂を読めるかどうかは自分次第です。

42 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 20:30:55 ID:???
やさしい民事訴訟法という本があることは知っている人も多いけど
この本に様々な基本書で読んだ必要事項を書き込んでおいたものが
本試験前にとても役立った。
分厚い基本書もいいけど薄っぺらな本をベースにして多読する方法だって
あるんじゃないかと思う。
薄い本は網羅性がないとか言うけど,それすら全部「覚えて」さらに「理解」
するのは本当に難しい。

43 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 20:37:03 ID:???
やさしい刑事訴訟法は良著
予備校本よりコンパクトで予備校本より分かりやすく予備校本より網羅性がある

44 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 20:55:04 ID:???
試験直前,特に中日は薄い本を一周できるという点がとても役立つ。
その点を意識していると薄い本を何回も書き込みを増やしながら
かつマーカー等で最後に目を通すべきところを絞っていく勉強法が
良いように思える。
勿論厚い本を早く回せるように加工することもありうると思う。

45 :氏名黙秘:2008/05/19(月) 20:57:18 ID:???
入門の法律シリーズは超良書。
新試ならあれだけで十分。

46 :氏名黙秘:2008/05/20(火) 04:07:31 ID:???
>>38
男の一冊に感動した!


47 :氏名黙秘:2008/05/20(火) 16:01:38 ID:???
新堂は分厚すぎるよ。
通読するような本じゃない。

48 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 00:58:23 ID:???
シケタイで新試験戦えますか???

49 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 00:59:21 ID:???
無理
シケタイ民訴はツギハギすぎる

50 :氏名黙秘:2008/05/21(水) 01:26:11 ID:???
椎茸民訴はなんか変だよね
最初の全体像のところで下手に本論入りすぎて、肝心の各論で省略したりしてる
例えば判決効とか弁論主義のところが
でもちゃんと読んでみると以外にまとまってていいところもあった
例えば共同訴訟と共有のあたり
年明けから上田と照らし合わせて読んだけど、
上田9割に総研1割補充という感じだね

刑訴椎茸は以外にも田口じゃなくて田宮が半分以上のベースなんだけど、
民訴はかなり上田に忠実
そして、新試の民訴は上田だけでは戦えないw

51 :氏名黙秘:2008/05/22(木) 11:29:06 ID:???
シケタイ+高橋でいきます。

52 :氏名黙秘:2008/05/22(木) 14:56:41 ID:???
+総研しとけ
マジで

53 :氏名黙秘:2008/05/22(木) 17:15:09 ID:???
藤田+新堂最強説

54 :氏名黙秘:2008/05/22(木) 23:48:52 ID:???
このスレって、結局、教科書の選択の話でしか盛り上がらないんだな。
下らんスレだ。

55 :氏名黙秘:2008/05/23(金) 05:28:43 ID:???
民事訴訟法は条文が少ないから条文の趣旨をしっかり覚えておくともう落ちないw
びっくり一行対策。

56 :氏名黙秘:2008/05/29(木) 17:54:35 ID:???
新も旧も上田と百選で十分。

57 :氏名黙秘:2008/06/01(日) 21:11:00 ID:???
訴訟要件の欠缺を看過してなされた本案判決の効力は如何に?


58 :氏名黙秘:2008/06/01(日) 21:54:08 ID:???
ライブ民訴って今でも買う価値あり?

59 :氏名黙秘:2008/06/02(月) 07:43:16 ID:???
良スレなのに過疎り杉

60 :氏名黙秘:2008/06/02(月) 11:25:21 ID:???
総研持ってるがなんか薄いね
やっぱ重点抗議必要かな?

61 :氏名黙秘:2008/06/02(月) 12:05:03 ID:???
>>57
有効。

62 :氏名黙秘:2008/06/02(月) 12:46:36 ID:???
>日本相撲協会と北の湖理事長(元横綱)が、週刊現代(講談社)などを相手に起こした
>「八百長裁判」で、被告の講談社側が証人として申請し、東京地裁から認められた
>タレントの藤田憲子さん(60)が1日、10月16日の弁論に出廷しないことを明らかにした。
>
>藤田さんは所属事務所を通じて「31日の(被告側の証人になるという)新聞報道を見て
>びっくりした。(被告側の)弁護士からの要請はきていない。裁判に出廷することはない」
>と出廷を否定するコメントを出した。
>
>週刊現代は07年3月10日号で、75年春場所で藤田さんの元夫で当時の大関・貴ノ花が、
>北の湖に優勝決定戦で勝って初優勝した時に八百長があったと報道。その中に、同場所の
>祝賀会場で貴ノ花が“お金を用意してくれ”と部屋関係者に言ったという記述があった。
>
>そのため、原告側は藤田さんがこれに沿った証言をするものと期待していたが、藤田さんの
>事務所は「こちらに話をする前に弁護士が裁判所に書類を出した段階で(出廷の)話が
>出たのではないか」と説明した。

申請が許可された証人の出廷拒否って・・・
罰則は何でしたっけ?

63 :氏名黙秘:2008/06/02(月) 13:30:37 ID:???
>>62

間接強制と直接強制

64 :氏名黙秘:2008/06/02(月) 13:55:32 ID:???
総研の味がわかったら実力者だな

65 :氏名黙秘:2008/06/02(月) 13:56:23 ID:???
>>63
何条?

66 :氏名黙秘:2008/06/02(月) 14:10:14 ID:???
まあ司法なんて国民にナメられてるからな
喚問なんて行かなきゃすむ話だしね

67 :氏名黙秘:2008/06/02(月) 14:16:50 ID:t3jyOwK3
>>28
買って読んだよ。
あんま批判的ではないと思うけど。
俺は一部請求だけ山本説w

68 :氏名黙秘:2008/06/02(月) 14:45:42 ID:???
総研の補完に重点講義と伊藤どっちがいいですか?

69 :氏名黙秘:2008/06/02(月) 16:32:19 ID:???
どっちもいらね

70 :氏名黙秘:2008/06/02(月) 19:11:06 ID:???
総研ってアマゾンで買える?

71 :氏名黙秘:2008/06/02(月) 20:02:15 ID:???
生協に売ってないの?

72 :氏名黙秘:2008/06/03(火) 02:28:11 ID:???
>>70
セブンアンドワイで買える

73 :氏名黙秘:2008/06/03(火) 09:32:55 ID:???
新試の民訴は上田だけでは戦えないw




74 :氏名黙秘:2008/06/03(火) 09:37:33 ID:???
>>67
買って読んだって、ここで紹介されてから買ったの?
なかなか面白いよね。

75 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 16:26:38 ID:???
新司法検討スレで拾ってきたやり取りだ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
429 :氏名黙秘:2008/06/03(火) 15:29:10 ID:???
例えばさ、4説の説明のとこなんかは、擬制説を例にとると、
まずその帰結、つまり、『反証を許さない』、ということを明示するわけ。
次にその結論は妥当か、を検証していく。
ここでは、論証する際のお約束を必ず守る。
つまり、@必要性・実質的妥当性とA許容性・理論的形式的許容性、両面から論じる。
@としては、当事者に対する制裁としては行き過ぎ、真実発見を害する云々、Aとしては、条文の文言と相容れない、など。
そのような基本的なところを淡々と書けばいいだけでしょ。

444 :氏名黙秘:2008/06/03(火) 15:45:00 ID:???
そういう問題じゃないと思うが・・・
あと「真実発見が害される」って民訴だぞ。これ。
極端な話、当事者が「認めます」とさえいえば事実が「あった」として認められるわけで・・
上のブログの人もそう書いてたみたいだけど・・・それは理由付けとしては不適当でしょう。
(「裁判官の自由な心証形成が妨げられる」というのならまだしも。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは、実は両者とも間違いではない。
伊藤民訴理論は、国民の納得のいく裁判ということから
真実発見を重視し、これを軸として証拠法を構想している
これに対し、古典的な弁論主義観は当事者による支配を至上視する。
その意味で両者は、一線を画する。どちらの立場に立つか。

ある意味では、合格レベルを超えた
ここまで分かる奴に語って欲しいよな
                 


76 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 18:34:34 ID:???
合格レベルってそんなもんなのか?
伊藤説が証拠法の中で真実発見を重視してることは
(伊藤民訴を読んだことがあれば)誰でも知ってると思う。

77 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 19:18:59 ID:???
新だからね。旧のようにオタクは不要なんだよ。

78 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 14:25:23 ID:???
旧でもオタクは不要だけどねw

79 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 14:40:25 ID:???
藤田133Pの

訴えの却下

「訴状を受理できない」との裁判所の判断
は違うってあるけど
どう違うの?

80 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 14:48:16 ID:???
説明してあることを読んで疑問に思うなら、どの点で同じだと思ったのかを聞きたい。

81 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 14:49:27 ID:???
訴えの却下と訴状却下の違いのことだろ。

訴えの却下は訴訟要件を欠く場合。

訴状却下ほ137条と133条を読め。

82 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 14:52:04 ID:???
訴状却下は訴え却下の一類型だと今の今まで思ってたけど違うの?

83 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 14:53:01 ID:???
>>76
お前は馬鹿か!
合格レベルを分からないで語るな。
証拠法だけのことを語ってるんじゃないことを読み取れ。
国民の納得のいく裁判ということからの組み立て
「事実」と「法的なるもの」へのスタンス
それらの一部の徴表として、紳士でのやり取りの断面を切り取って
、伊藤民訴を材料に示したんだろうが!!

84 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 15:00:24 ID:???
裁判長の訴状却下は
・訴訟係属前にかぎる
・既判力が生じない
点で訴え却下とは異なる

85 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 15:25:50 ID:???
>>75
改めて思ったが、伊藤の議論って単純だな。
当事者は万能じゃねえっての

86 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 15:31:22 ID:???
>>82
別物だろ。

87 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 15:41:00 ID:???
訴状却下って訴えすら始まってないのに訴えの却下に含まれるわけないだろ

88 :氏名黙秘:2008/06/06(金) 06:01:25 ID:???
1日で回せる薄い本って思ってS(5版)がテンプレにあがってるので買ってみた
たしかに早く読み終えられるけど、なんか砂噛むように歯応えに乏しいな・・・
概念の意義と条文と、法改正の要約と、メジャー論点の問題提起と判例通説の結論だけ理由もないし有力説もない
他でちゃんとちゃんと勉強したあと、ざぁーと大ざっぱに読むに使えるぐらい?相当書き込みとか付箋でもつけんと使えん
民訴でまとめ本って他になさそうだし、これなら上田とか伊藤とか大学双書に軽重の印でもつけてサブノート化したほうが、ベターかも。



89 :氏名黙秘:2008/06/06(金) 09:29:01 ID:???
>>88
>法改正の要約と、メジャー論点の問題提起と判例通説の結論だけ理由もないし有力説もない

念のためにいうけど、一度目でんな神経質な読み方してる奴は
基本書を読むのに向いてない。予備校本を丸暗記しなさい。
そして、基本書を評論するのはやめなさい。向かない人間が
評論してもしょうがない、迷惑なだけだから。

90 :氏名黙秘:2008/06/06(金) 09:44:41 ID:???
>>88
納谷・講義民事訴訟法(創成社)がいいよ。
全般を通じて、安定した叙述だし、
論点では理由付けも一行〜数行で
そのまま答案に使える凝縮した表現が多い。
ただ、論点数は若干少ないかもしれないけど
主要論点は拾っている。
早く回すという目的には、かなり使えると思う。


91 :氏名黙秘:2008/06/06(金) 10:48:00 ID:???
>概念の意義と条文と、法改正の要約と、メジャー論点の問題提起と判例通説の結論だけ理由もないし有力説もない

最高じゃないか
必要十分
マジで

92 :氏名黙秘:2008/06/07(土) 00:28:01 ID:???
>>88
いったいSに何もとめているのか
Sは概略・大枠の説明で詳しくは百選・判例集と争点を参照するように言っているでしょ
学説については立ち入らない方針で書いているのにそこを批判するのは筋違いでは?
その意味ではまさに最終確認用の本であり概略についての入門本でもある

この本は重要点を(答案化しやすいように)要領よくまとめた物じゃない
そういう目的ならサブノートなり択一六法的なものなり使えばいいんじゃないかな

93 :氏名黙秘:2008/06/07(土) 21:55:33 ID:???
今年の新司の問題が藤田や総研で解けたか
このことを考えて欲しい

94 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 00:33:32 ID:???
>>93
解けましたよ。

95 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 00:38:08 ID:???
それが総研だけど解けたんだよ
たしかに講義ではロースク民訴やら重点講義やらは拾い読みはしてたけどね・・

96 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 00:46:13 ID:???
短答、論文ともに解けたよ。
民事系は要件事実意識しとけば余裕だった。

問題は公法系がなあ

97 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 02:11:41 ID:???
藤田じゃ無理やろ

98 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 12:00:56 ID:???
新訴訟物理論とる奴ってなんなの?馬鹿じゃないの?実務と掛け離れたことやってさ。まーそいう奴は刑法では結果無価値論とるんだろうけど

99 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 12:07:01 ID:???
訴訟法説じゃ試験的に微妙な評価されそう

100 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 00:15:23 ID:???
>>99
ありえるね
特に新堂使う奴はもうアフォかと

101 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 00:19:22 ID:???
>>100
お前の方がアフォだろw
新堂使うのと、答案に新堂説を書くかどうかは
レベルの違う話だろw
アフォは区別できないかも知れないけど、
「普通の秀才」なら使い分けできるし、できないようじゃ
勝ち抜けないなw

102 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 00:21:34 ID:???
>>101
馬鹿?

訴訟法説とってる本よむこと自体が有害なんだよ

103 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 00:31:36 ID:???
>>102
馬鹿?
知ってても何の問題もない。
それより、>>101にきちんと正面切って反論しろよ。
争点逸らすなよ 頭悪いなw

104 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 01:14:11 ID:???
まだ訴訟物論争ですか。
いったい何時の話をしてるのやら。

105 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 02:09:38 ID:???
>>104
でも訴訟物再考とかって論文
新堂だか高橋だかが書いてたよね 近年

106 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 10:26:20 ID:???
>>98
お前もアフォだな。
結果無価値論の基本書を使う事と
答案を書くこととは別物だろうが!

俺は、結果無価値論の基本書を使ってるが
どちらの立場でも答案は書けるぞ。

ったく、こういう馬鹿が多くなったなw

107 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 12:54:16 ID:???
>>105
数年前、ドルアーガの特集をゲーム雑誌でやってたがそんな感じか。

108 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 13:09:53 ID:???
レトロゲーみたいな論文ばっか読んでると、試験でも妙な論点にひきつけちゃうよ

109 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 22:00:15 ID:???
民事訴訟法 小林秀之・げん  きょう(←なぜか変換できない)

110 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 22:02:08 ID:???
小林センセってアホなロー生相手にするの嫌だからロー教授にならなかったのに
ロー生向けの参考書よく書いてるよな

111 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 22:30:42 ID:???
上田第5版と大学双書、基礎からはじめて中上級まで引き上げたいときはどっち読んだらいい?


112 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 23:05:10 ID:???
>>111
基本書なんて手段に過ぎないだろ。
大事なのは目標とやる気。
それが分からない奴は一生司法試験になんて合格できないよ。

113 :氏名黙秘:2008/06/11(水) 04:09:01 ID:???
>>111
何でもいいから一冊通読。
それだけで中級以上にいける。

114 :氏名黙秘:2008/06/11(水) 11:03:38 ID:???
俺は

S→新堂→重点講義

でいくことにした。

115 :氏名黙秘:2008/06/14(土) 15:29:27 ID:???
伊藤眞ついに買ってしまった。あの表紙がどうも嫌で敬遠してたけど。
かなりいい!

116 :氏名黙秘:2008/06/15(日) 19:38:02 ID:???
【民訴】
〔メジャー〕
上田徹一郎(5版)……自説主張が弱く、網羅的。16年改正・新会社法対応。
伊藤眞(3版再訂)……旧訴訟物理論だが少数説多い。体系はしっかりしてる。16年改正・新会社法対応。
総研(改訂補訂)……実務説(旧訴訟物理論)。掲載されている論点が豊富。ただし試験に関係ない記述も多数。淡白。
大学双書(2版補訂)……網羅的で良いという声がある一方、多人数による共著のため、一貫性がないという評も。無難。15年改正対応。
新堂幸司(3版補訂)……新訴訟物理論。独自説が多い。16年改正・新会社法対応。
S(5版)……新訴訟物理論。薄くて通読向き。16年改正・新会社法対応。

〔その他〕
藤田広美……話題の新著。総研本著者による。旧訴訟物理論。非論点主義的で旧試には不向きとの声も。
林屋礼二(2版)……読みやすさに定評。論点落ちあり。意外と厚い。新訴訟物理論だが前面には出ていない。16年改正対応。入手困難?
三谷忠之(2版)……薄め。判例重視。15年改正対応。
松本博之=上野泰男(4版補正)……新訴訟物理論。16年改正対応。
小林秀之=原強「論点講義」
納谷廣美「講義民事訴訟法」……読み易くコンパクト。実務も重視。

〔補充用〕
高橋宏志重点講義……2分冊。一部の論点を取り上げて深く論じている。近年、この本からと思われる出題が続く。
小林秀之プロブレムメソッド……判例の事案を中心に学べる本。 結構面白い。後継本に「ケースで学ぶ民事訴訟法」。

117 :氏名黙秘:2008/06/17(火) 09:26:22 ID:crb33thJ
だれか民事訴訟制度における理念 適正 公平 迅速 経済について説明してー(;_;)

118 :氏名黙秘:2008/06/17(火) 09:46:05 ID:???
「適正」という理想は、裁判の内容に過誤がないことを求める
政策であり、裁判に対する上訴、再審などの不服申立制度とか
訴訟審理の直接主義・口頭主義などにその例をみる。

「公平」という理想は、対立する各当事者に対し同等に手続参加
の機会を与える政策で、具体的には、裁判官の除斥・忌避・回避
制度とか訴訟手続の中断、審判の公開などの点で実現されている。

また「迅速」という理想は、私的紛争をできるだけ早く解決できる
よう求める政策で、訴訟手続の職権進行、争点整理手続や準備書面
制度、時機に後れた攻撃防御方法の却下などに具現されている。

最後に「訴訟経済」という理想は、訴訟の処理に要する国家および
当事者の労力・経費などの負担(いわゆるコスト)をできるだけ廉価
なものにしようとする政策で、責問権の喪失とか追認の制度などは
このような政策に基づいているものである。

この四つの理想は抽象的には必ずしも矛盾・対立するものではないが、
現実の訴訟処理において、しばしば対立することがあり(とくに適正・公平
と迅速・訴訟経済との間で対立する)、どのように調和をはかるべきか
の点で困難な場合に遭遇することがある。いずれの理想に基づく要請も、
他の理想との関係では相対的なものであるから、個別のケースにおける
訴訟放棄の解釈・適用にあたっては、常に四つの理想相互について慎重
に考慮されなければならない。(納谷廣美・講義民事訴訟法26頁)


119 :氏名黙秘:2008/06/17(火) 09:47:22 ID:???
× 訴訟放棄
○ 訴訟法規

120 :氏名黙秘:2008/06/17(火) 09:59:31 ID:???
総研を基本にしつつ必要に応じてところは高橋を読むことにしているよ。

121 :氏名黙秘:2008/06/21(土) 22:00:48 ID:???
>>120
それでいいと思うよ。

122 :氏名黙秘:2008/06/22(日) 02:07:11 ID:???
俺も、総研・新堂で、必要に応じて高橋・松本上野あと井上実践。

123 :氏名黙秘:2008/06/22(日) 16:05:44 ID:???
そんなに読みまくっているのか・・・

124 :氏名黙秘:2008/06/22(日) 23:57:48 ID:???
新司法試験の民訴はケースブック民事訴訟法はタネ本らしい。

125 :氏名黙秘:2008/06/23(月) 22:15:53 ID:???
おれは藤田と高橋で行く予定

126 :氏名黙秘:2008/06/23(月) 22:21:51 ID:???
>>125
今年の新試の問題見た?
藤田本は無意味。
高橋は必須。


127 :氏名黙秘:2008/06/23(月) 22:23:43 ID:???
>>126
両方使うことに何か問題が?

128 :氏名黙秘:2008/06/23(月) 22:30:43 ID:???
>>127
高橋で十分ではない。
高橋と伊藤or上田or中野とかじゃなきゃダメ。

129 :氏名黙秘:2008/06/24(火) 00:12:46 ID:???
学部生なんですけど、周りの人が司法協会の青い本使ってるんですけど、
あれってどーなんですか?

130 :氏名黙秘:2008/06/24(火) 00:15:39 ID:???
>>129
藤田が著者
だから新しい藤田本のがいい。

131 :氏名黙秘:2008/06/24(火) 00:17:43 ID:???
藤田は網羅してないので注意

132 :氏名黙秘:2008/06/24(火) 00:18:02 ID:???
藤田先生が基本書出しておられるんですね。ありがとうございます

133 :氏名黙秘:2008/06/24(火) 00:19:13 ID:???
>>131 まだ勉強していないからあまりよくわからないんですが、
どの程度網羅していないのですか?ぶしつけな質問で申し訳ないです

134 :氏名黙秘:2008/06/24(火) 00:22:51 ID:???
>>133
上訴がない

135 :氏名黙秘:2008/06/24(火) 00:24:12 ID:???
それはふぁっくですね。
その部分のみを他の基本書で補うくらいなら、
別の基本書で一から勉強したほうがいいですよね?

136 :氏名黙秘:2008/06/24(火) 02:24:45 ID:???
藤田の文は読みやすい。
でも初学者向けではない感じがする

137 :氏名黙秘:2008/06/24(火) 02:34:26 ID:???
伊藤の本って単独で読むとまとまりが悪く思える部分も多いが
他の民訴の本読んだあとだと民訴に開眼するな。実に良書。

138 :氏名黙秘:2008/06/24(火) 13:43:13 ID:???
民法の内田みたいなもん。

139 :氏名黙秘:2008/06/25(水) 00:41:05 ID:???
民訴を勉強するコツみたいなものある?

140 :氏名黙秘:2008/06/25(水) 00:56:11 ID:PraMp4L1
>>139
要件事実と当事者主義を理解しとくこと。

141 :氏名黙秘:2008/06/25(水) 01:15:25 ID:???
ロー未収ですが問題集のおすすめってなんですか
120船にしようかとおもったら臼歯形式も問題が多い気がして・・
しばたはどうでしょ

142 :氏名黙秘:2008/06/25(水) 01:17:33 ID:???
>>139
定義、趣旨、要件、効果、具体例
民訴は特に定義重要
それとある制度の具体例を押えておくこと超重要
具体例を押えておくことで
主観的複数とかがすっきりする

143 :氏名黙秘:2008/06/25(水) 01:21:07 ID:???
>>141
臼歯過去問は役立つよ
辰巳のライブ本とかいいと思う
あと古いけど論文の森とか解説も適度にコンパクトでいい

144 :氏名黙秘:2008/06/25(水) 01:23:14 ID:???
>>141
要件事実問題集 岡口基一

145 :馬鹿学生:2008/06/25(水) 23:41:28 ID:PHIdMdvW
内容:
ゼミの課題でわからないのがあるんです(泣)ヒントでもいいんでアドバイス頂けたら幸いなんですが・・・。

K大学理事長Xは、大手ゼネコン営業本部長・専務取締役による接待ゴルフからの帰路、
K大学法学部教授Yが運転する自動車に撥ねられ、脳挫傷等の傷害を負い、意識不明となった。
そこで、Xの顧問弁護士は、自賠法3条及び民法709条に基づき、YがXの逸失利益、将来の介護費用、
慰謝料等を一括して支払うことを求めて訴えを提起した。
このうち、将来の介護費用について、Yは、植物状態になった場合の平均余命は通常人よりも短いのであるから、
生存期間についてのみ賠償をすべく定期金賠償が検討されるべきであると主張した。
これに対し、Xは、定期金賠償によれば、賠償義務者の資力悪化の危険を被害者に負わせることになるとして争った。
本件において、裁判所は、定期金賠償を命ずる判決をすることができるか。
民事訴訟法上、問題となり得る諸点を全て踏まえて論じなさい。


146 :氏名黙秘:2008/06/25(水) 23:50:38 ID:???
とりあえず処分権主義だね
意識不明のXの顧問弁護士が訴えを提起できるかも問題となるのか?

147 :氏名黙秘:2008/06/25(水) 23:56:27 ID:???
そもそも定期金賠償が処分権主義の問題かという議論もあるけど,
基本的には,処分権主義の問題で良い。
平成15年の東京高裁の判決が参考になるかな。

148 :馬鹿学生:2008/06/26(木) 00:22:27 ID:1ad5BEo8
そうなんですかぁ〜。ありがとうございます。
参考にしてみます。顧問弁護士は潜在的に訴訟代理権を授権しているんじゃないんですかね?
いや、素人の考えたことなんでアレですが。
一度判決が下ってしまったら、やはり法的安定要求、形式的確定力の問題
があるので、もしもXが終局判決後に死んでしまって一括であったら問題あるんですか?


149 :氏名黙秘:2008/06/26(木) 00:36:57 ID:???
>>148
死ぬといろいろめんどい。民事法V(日本評論社)の18章とか参照で。
H8.4.25は個人的にはびっくりした判例(なんと差額説ではない)



150 :氏名黙秘:2008/06/26(木) 00:57:49 ID:???
不法行為のところは,因果関係といい,損害といい,
かならずしも判例の立場が一貫しているというわけではないからね。

151 :氏名黙秘:2008/06/28(土) 00:14:34 ID:???
>>137
まだ靄がかかってるようだ

152 :氏名黙秘:2008/06/29(日) 01:17:19 ID:???
総研の講義案を使ってる人多いみたいだけど、そんなにいいの?
だってが執筆したんでしょ?

153 :氏名黙秘:2008/06/29(日) 01:19:26 ID:???
>>152
お前は大学双書の執筆者の学歴全部チェックしてんのか?

154 :氏名黙秘:2008/06/29(日) 02:39:52 ID:???
大学双書はそんなにメジャーじゃないだろ

155 :氏名黙秘:2008/06/29(日) 03:36:01 ID:???
上田や伊藤が出る前の旧訴時代は比較的メジャーだったが。
笑えない論点オチもあるので網羅性では疑問符がつくが。

156 :氏名黙秘:2008/06/29(日) 17:53:08 ID:???
やっぱり民訴は新堂が支配的なの?
でも基本書にするには分厚すぎない?

157 :氏名黙秘:2008/06/29(日) 18:12:30 ID:???
梅本がいいよ

158 :氏名黙秘:2008/06/29(日) 23:07:22 ID:???
納谷

159 :氏名黙秘:2008/06/30(月) 04:24:04 ID:???
大学双書は神執筆とマズーな執筆両方あるからなー
中野先生や福永先生井上先生等特定の記述はすごくいいと思うが

160 :氏名黙秘:2008/06/30(月) 17:57:34 ID:???
>>153
当然チェックしている
大学双書はピロシ、蝶ネクタイ、長谷部嫁の執筆部分しか読まない


161 :氏名黙秘:2008/06/30(月) 18:04:51 ID:???
長谷部嫁って誰?

162 :氏名黙秘:2008/06/30(月) 18:56:44 ID:???
>>161
憲法学者長谷部恭男の嫁

163 :氏名黙秘:2008/06/30(月) 18:59:12 ID:???
>>162
それが誰なのかと聞きたかった

164 :氏名黙秘:2008/06/30(月) 19:05:41 ID:???
みれば一発で分かる筈なんだが
百選にも解説書いてなかったっけ(最新版は知らん

165 :氏名黙秘:2008/06/30(月) 19:07:25 ID:???
>>164
そっか、手元に大学双書がないもんで

166 :氏名黙秘:2008/06/30(月) 19:09:13 ID:???
あ!誰かわかった。彼女の本持ってるくらいよく知ってるわ。
夫婦だったのか。

167 :氏名黙秘:2008/06/30(月) 20:49:27 ID:???
ケースブック民訴の人だろ(ロースクール民祖ではなく)

168 :氏名黙秘:2008/06/30(月) 22:03:39 ID:???
長谷部由起子って民訴学者居るけど憲法長谷部の嫁なの?

169 :氏名黙秘:2008/06/30(月) 22:20:14 ID:???
yes

170 :氏名黙秘:2008/06/30(月) 23:36:19 ID:???
なんとなく娘だと思ってたorz

171 :氏名黙秘:2008/07/01(火) 00:07:18 ID:???
塩野って婿養子なの?

172 :氏名黙秘:2008/07/01(火) 00:09:11 ID:???
>>160
蝶ネクタイはないわ・・・

173 :氏名黙秘:2008/07/05(土) 18:41:03 ID:???
いとうまこと、もう少し判例の原文を引用してほしかった・・

174 :氏名黙秘:2008/07/05(土) 20:03:16 ID:???
民事訴訟法について質問があります。

民事訴訟法の教科書を読んでいると、「裁判所としては○○とするべき」
などの記述が散見されるかと思います。
 たとえば、伊藤眞P252 注100)において、
「一方の請求が他方の請求の先決関係にあるとき、弁論を分離するべきではない」
などの指摘があります。しかし、わからないのは、これは、単に立法論にすぎないのか
現行法の解釈として導かれるものであり、たとえば、上訴理由にあたるのかという
ことです。特にこのことは、答案上、「べき」で終わらせるか、
「べきであり、これに違反した場合には、上訴理由となりうる」まで指摘するべきか
という事柄になるかと思いますので気になります。
誰かご教示ください。

175 :氏名黙秘:2008/07/05(土) 21:12:36 ID:???
>>174
形式的不服説を前提にすれば、上訴理由が無い場合もありうるので
そのケースでは「べきである」にとどめた方がいいんじゃないかな。
ケースバイケースで判断すべきかと。

176 :氏名黙秘:2008/07/05(土) 21:18:01 ID:???
つうか、問題文で何を問われているかによるだろ普通。

41 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)