2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

婚姻要件の国籍法規定は違憲 最高裁大法廷判決

1 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 17:18:47 ID:???
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080604-00000051-mai-soci
<婚外子>婚姻要件の国籍法規定は違憲 最高裁大法廷判決
6月4日16時8分配信 毎日新聞

 結婚していない日本人父とフィリピン人母10組の間に生まれた子ども10人が、
国に日本国籍の確認を求めた2件の訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷=裁判長・島田仁郎(にろう)長官=は4日、
出生後の国籍取得に両親の婚姻を必要とする国籍法の規定を違憲と初判断した。
その上で10人全員について日本国籍を持つことを確認した。

 最高裁が法律の規定を違憲としたのは、在外邦人の選挙権を制限した
公職選挙法の規定を巡る訴訟の判決(05年9月)以来で8件目。
国会は早急な法改正を迫られる。非嫡出子(婚外子)の不利益な扱いに対する違憲判断は初めてで、
相続で差を設ける民法の規定などを巡り議論を呼びそうだ。

 国籍法3条1項は、未婚の日本人父と外国人母の間に生まれた子について、父の生後認知と
両親の結婚の両方を日本国籍取得の条件としている。嫡出子の立場を得ることを必要とする規定だ。

 原告は、関東地方などに住む8〜14歳の10人。父の認知を得て03〜05年に
法務局に国籍取得を届け出たが、認められなかった。

 原告側は「両親の婚姻という子どもに左右できない事情で国籍について異なる扱いをするのは不合理な差別」として、
憲法14条の定める法の下の平等に違反すると主張。
これに対し国側は「両親の結婚で子は日本との強い結びつきを持ち、法には合理的な根拠がある」と反論した。

 1審・東京地裁は2件の訴訟とも同項について違憲判断し10人の日本国籍を認めたが、
2審・東京高裁は「婚姻要件を無効として認知のみで国籍を取得できると解釈することは、
新たな要件を創設するもので立法権の侵害」と憲法判断に踏み込まず、いずれも原告逆転敗訴とした。

 日本人父・外国人母の非嫡出子で原告と似た境遇の子どもたちは国内に数万人、海外にも相当数いるとの学者の試算がある。
父の認知を得る困難さはあるが、判決は救済の道を開いた形だ。【北村和巳】

最終更新:6月4日16時8分

2 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 17:22:30 ID:???
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080604-00000093-jij-soci

国籍法「結婚要件」は違憲=比人母の子に日本籍−最高裁大法廷
6月4日15時32分配信 時事通信


 結婚していない日本人の父とフィリピン人の母の間に生まれた子供計10人が
日本国籍を求めた2件の訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・島田仁郎長官)は4日、
両親の結婚を国籍取得の要件とした国籍法の規定を違憲とする初判断を示した。
その上で、訴えを退けた2審判決を破棄、原告全員の日本国籍を認めた。
 最高裁が法律の規定に違憲判決を出したのは、在外邦人の選挙権を制限した
公選法の規定をめぐる2005年の判決以来で、8例目。
 父母の結婚により国籍に差が生じることについて、15裁判官中12人が違憲とした。
 訴えていたのは、東京、埼玉、神奈川各都県などに住む8〜14歳の子供10人。
 判決で大法廷は、出生後に認知された場合、両親が結婚しないと国籍を認めないとした
国籍法三条の規定について、1984年の制定当時には合理的だったとした。
 しかし、遅くとも原告が国籍取得届けを提出した2003年当時には合理性はなくなり、
理由のない差別が生じていたと指摘。
規定は憲法の平等原則に反すると判断した。
 国側は国籍法三条の結婚要件を外した場合、認知だけで国籍を取得できる
新しい制度を裁判所が作ることになると主張していた。
大法廷は法律の一部を違憲としても、国会の立法権を侵害しないとした。

3 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 17:23:16 ID:???
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200806/2008060400623&rel=y&g=soc

2008/06/04-15:29 国籍取得、数万人に道=婚外子国籍訴訟
 国籍法の「結婚要件」規定を違憲とした最高裁判決を受け、同法が改正された場合、
数万人に新たな国籍取得の道が開かれる可能性が指摘されている。
 厚生労働省の統計によると、日本に住む外国人母の婚外子は年間に約2800人。
研究者によると、父親が日本人のケースはこのうち2000人を超えるとみられる。
 国籍取得できるのは20歳未満に限られるが、出生後に出国し、海外に居住している例を含めると、
対象者はさらに増えることになる。

4 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 17:30:15 ID:???
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080604-00000939-san-soci

「父母の結婚」が必要なのは日本だけ? 国籍法条項「違憲」の大法廷判決
6月4日15時51分配信 産経新聞


 最高裁大法廷が4日、違憲無効と判断した国籍法の条項は、
6年前の最高裁小法廷判決で、すでに合憲性を疑問視されていた。
世界的にみても、未婚の自国民父、外国人母の間に生まれた
子供の国籍取得に関して、「父母の結婚」を要件にしている国は
「日本以外には見当たらない」と指摘する専門家もおり、この要件が特殊だったことがうかがえる。
 国籍法の「父母の結婚」の要件についての意見がついたのは、平成14年の最高裁第2小法廷判決。
この訴訟は、今回と同じく未婚の日本人父、外国人母の間に生まれた子供が日本国籍の確認を求めたものだった。
 この訴訟の争点は、国籍法の別の条項の合憲性だったため、
「父母の結婚」の要件についての憲法判断はせずに、原告敗訴の判決を宣告した。
 しかし、この判決では、5人の裁判官のうち3人が「父母の結婚」についての補足意見を付けた。
 補足意見は、「父母の結婚」が国籍取得要件になっていることについて、1人が「合理性に疑問がある」と、
2人が「違憲の疑いが極めて濃い」とするものだった。
 国籍法の専門家もこの要件を疑問視している。
 中央大学法科大学院の奥田安弘教授によると、
フランスやドイツでは、父が認知すれば、出生時にさかのぼって国籍を取得できる。
ベルギーでは認知の時から国籍が認められる。韓国も認知で国籍が取得できるという。
 国籍の取得、喪失の要件は、それぞれの国の歴史、伝統などによって
左右されるもので、多数の国にならう必要はないが、世界的にみて「父母の結婚」が重視されていないのは事実だ。
 奥田教授は「『父母どちらかが日本人ならば、子供は日本人』という血統主義を採用している日本では、
本来ならば国籍取得要件に『父母の結婚』はいらなかったはず。もともとの制度設計もおかしかった」としている。

5 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 17:30:36 ID:???
当然らしいです。うちの教授によると。

6 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 17:34:00 ID:???
高裁判事は恥かいたね。

7 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 17:35:57 ID:???
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080604-00000032-yom-soci

父母の婚姻要件の国籍取得規定は違憲…最高裁大法廷判決
6月4日15時27分配信 読売新聞


 未婚のフィリピン人女性から生まれた後、日本人の父親に認知されたフィリピン国籍の子どもが、
両親が結婚していないことを理由に日本国籍の取得が認められないのは違憲だとして、
日本国籍の確認を求めた2件の訴訟の上告審判決が4日、最高裁大法廷(裁判長・島田仁郎長官)であった。

 大法廷は、父母の婚姻を国籍取得の要件とする国籍法の規定を違憲と判断し、
原告計10人の子ども全員の日本国籍を認めた。
原告の逆転勝訴が確定した。

 法律を違憲としたのは、海外に住む日本人の選挙権を制限した公職選挙法の規定を違憲とした
2005年9月の最高裁大法廷判決以来で、戦後8件目。
原告と似た境遇で暮らす子どもは国内に数万人いるとみられ、法務省は国籍法の改正を迫られることになった。

最終更新:6月4日15時27分

8 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 18:13:56 ID:???
最高裁もおちたな

9 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 18:20:40 ID:???
 (この法律の目的)
  第一条 日本国民たる要件は、この法律の定めるところによる。
 (出生による国籍の取得)
  第二条 子は、次の場合には、日本国民とする。
   一 出生の時に父又は母が日本国民であるとき。
   二 出生前に死亡した父が死亡の時に日本国民であつたとき。
   三 日本で生まれた場合において、父母がともに知れないとき、又は国籍を
     有しないとき。
 (準正による国籍の取得)
  第三条 父母の婚姻及びその認知により嫡出子たる身分を取得した子で二十歳
    未満のもの(日本国民であつた者を除く。)は、認知をした父又は母が子の
    出生の時に日本国民であつた場合において、その父又は母が現に日本国民で
    あるとき、又はその死亡の時に日本国民であつたときは、法務大臣に届け出
    ることによつて、日本の国籍を取得することができる。
   2 前項の規定による届出をした者は、その届出の時に日本の国籍を取得する。

10 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 18:48:43 ID:???
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20080604174246.pdf

司法関係に足突っ込んだ人なら
判決全文くらいは読もうね

この前の在外よりかは、分かりやすい判決だと思う

11 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 18:59:00 ID:???
自分なりに考えてみる。おかしかったら指摘してね。
>>10 読まないで考えてみる方が面白いと思ったので,これから読む。

(三条がおかしい?)
第二条一号で,出生の時に「父又は母が日本国民」なら日本国籍になると言っている
のに,第三条は,母が日本人(日本国籍を有する者)でない場合は,父が認知する
(=父が日本人であることが確定するので一条二号の要件を満たすはず?)だけじゃ
なくて,父母の婚姻を要件としてる。
つまり,三条は,国籍取得について,母が日本人でなかった場合に,二条一号より厳し
くする規定のように見える。

(そこに合理性があるか?)
第二条は,血統主義を基本に(一号,二号),一部,出生地主義を取り入れている(三号)。
母が日本人なら,その母の子,つまり日本人の血統であることは明らかなので,
血統主義から,その子に日本国籍を与えるのは当然。
これに対して,母が日本人でなかった場合は,日本人である父が認知したとしても,
本当にその認知した父の子かどうかわからない。
血統主義を厳格に貫くなら,その子を日本人として良いかどうか疑問が残る。
そこで,認知した父と母が婚姻すれば,その子は,認知した日本人たる父の子であり,
日本人の血統であることは,ほぼ間違いないだろうということで,三条を設けたのだろう。

つづく

12 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 18:59:21 ID:???
つづき

(あれっ,三条は違憲ではない?)
でも,やはり三条はおかしい。
二条三号が出生地主義を取り入れたのは,無国籍者をなくす趣旨だろう。
ところが,三条によって,母が日本人ではないために日本人の血統か疑わしい子は,
無国籍か少なくとも日本国籍は取得できないことになってしまう。無国籍者をなくすと
いう国籍法の趣旨からすれば,疑わしいだけで,日本国籍を取得できない三条には違和感
を感じる。
それだけでなく,このような扱いは,血統主義の見地からも疑問がある。父母共に知れ
ない場合(二条三号)より,父が認知という法律上定められた行為をした場合の方が,
子が日本人の血統である蓋然性が高いのに日本国籍を取得できないという逆転現象が
認められるからだ。
考えてみると,認知に加えて婚姻があったかどうかで,日本人たる父の子であるかどうか
について,はっきりしないことは,婚姻がなかった場合と同じだ。もっと言えば,婚姻中
に懐胎した子でも,その父の子とは限らない。
母が日本人でない場合に,血統に疑問が生じることは,どの場合でも同じのはずだ。
にもかかわらず,非嫡出子である子についてのみ,日本国籍を認めない扱いをして
いる三条に,合理性を見いだすことはできないのではないだろうか。
あるとすれば,日本人たる父が認知をするだけの方が,婚姻までするよりも,容易であり,
血統主義に反した結果を招きやすいという点か。でも,そういう事実上の可能性があるから
といって,非嫡出子に国籍を与えず,無国籍者をなくすという国籍法の趣旨に反する結果
を招く三条は,合理性無く非嫡出子を差別するものであると言わざるを得ないのではないか。

13 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 19:19:35 ID:???
馬鹿なことしたな・・・

14 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 19:21:54 ID:???
準正と生後認知が合理的区別かどうかが問題であって、2条3号云々は少しずれるような。
国籍法の趣旨が無国籍者をなくすことって言われるのも違和感あるし。

15 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 19:26:17 ID:???
>>6
最判平14.11.22があるからだろう。

16 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 19:26:27 ID:???
一番影響ありそうなのは国際私法とってる奴かな?

17 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 19:28:28 ID:???
>>16
国際私法としては影響ない。
試験では国籍は明らかになってて、国籍を判定させる問題は出ない。

18 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 19:31:36 ID:???
これは今年の新司の憲法の問題だって気づいた人いる?

19 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 19:35:36 ID:???
結構反対意見があるね。
社会状況が変わったってのをメインに置いているな。条約にも配慮しているし。

20 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 19:44:41 ID:???
国籍法3条は、国籍取得については、認知の遡及効を否定している、
従来解されていたんだよね。

21 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 19:48:50 ID:???
また藤田補足意見がついてるのか。
誰も賛成しないけど、無視できない論点だから百選には載るという。

22 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 19:48:56 ID:???
皆さん、憲法をもう一度よく読んでください。

第14条 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は
門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

法の下の平等を定めた憲法14条では、国籍による差別を認めないとは書いていません。
そして法の下の平等の法とは、国籍法3条の条項の法も含めると考えられます。
最高裁判所は憲法に書いていないことを根拠に独断で法を捻じ曲げました。これは
国会の立法権を明確に侵害しています。


なお、もしも出産後も父親の認知だけで子供が日本国籍を取得できる場合、外国人父母の
もとで生まれた子供を日本の男性が勝手に「認知」するだけで、不法入国者が堂々と
日本国籍を取得できるようになります。しかも日本国籍目当ての違法結婚よりタチの悪いことに、
一人の日本人男性で100人でも200人でもの子供を「認知」できるようになるのです。
この場合、日本の入国管理法および国籍制度は崩壊すると言っても過言ではありません。

23 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 19:50:47 ID:???
日本国籍のIT革命や

24 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 19:55:51 ID:???
>>22
できません
>一人の日本人男性で100人でも200人でもの子供を「認知」できるようになるのです。


25 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 20:00:24 ID:???
>>20
法改正で民放規定の通り、遡及することになるのかな?

>>21
さすが学者。Y尾のように難癖つけるだけの裁判官ではない。

26 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 20:00:53 ID:???
民法

27 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 20:01:25 ID:???
そもそも何が14条違反になってるのか理解してない
そういうのはν速でやれ

28 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 20:04:52 ID:???
ν速は想像通りのレスがたくさんついてるなw

29 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 20:07:54 ID:xhsJ84mj
>>22
国籍って社会的身分じゃなかったっけ?

30 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 20:10:23 ID:???
裁判長:家族のあり方…大きく変わり…

大きく悪くなったよ。


31 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 20:13:40 ID:???
だらしない男女の間に生まれた子供か・・・

32 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 20:13:44 ID:???
ニュー速は頭悪すぎだな
批判するなら少しは勉強してきてからにしてくれって感じだ

33 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 20:19:12 ID:???
生後認知→両親婚姻→準正→国籍OK
生後認知→両親非婚→国籍NG
ってのが憲法上おかしいということ。
両親の婚姻の有無は子供の関知するところではない。

こういうように構成要件を検討して適用違憲を論じろということだな。
今年の新司の論点はでサイトの表現内容なんかではなく、構成要件を
をどうみるかってことだわな。

34 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 20:19:19 ID:???
国籍取得にかかる認知について、
国が親子関係不存在確認訴訟を提起できるようにする方が、
不法な国籍取得の除去の方法として合理的だ。

35 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 20:31:35 ID:SbbLt1HY
>>22とか、法律の勉強をしたことないのがすぐわかるな。

36 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 20:32:01 ID:???
>すなわち,立法府に与えられた上記のような裁量権を
考慮しても,なおそのような区別をすることの立法目的に合理的な根拠が認められ
ない場合,又はその具体的な区別と上記の立法目的との間に合理的関連性が認めら
れない場合には,当該区別は,合理的な理由のない差別として,同項に違反するも
のと解されることになる。


社会上の身分差別でも合理性判断の基準ってこんな緩やかでいいんだっけ?


37 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 20:33:59 ID:???
国会の裁量にも、ある程度のお伺いを立てているのです

38 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 20:36:09 ID:???
最高裁も思い切った判断をしたな
違憲の疑いの濃い規定ではあったが

39 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 20:36:42 ID:???
判旨はダメダメだな
合理的理由うんぬん言ってるけど
結局その内容ちゃんと説明しないでうやむやじゃないか

40 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 20:38:38 ID:???
ニュー速は自称法律家の方がたくさんいらっしゃるからなw
全く知らないふりして間違ったこと書いて、突っ込まれるのが楽しいw
わざわざ条文貼り付けたりしてくれるしw

41 :36:2008/06/04(水) 20:46:23 ID:???
@立法目的の合理性の根拠
A目的と手段との合理的関連性

この2つが国会の裁量を考慮して認められれば合憲なんだろ?
この論理だと客観的な明確な基準なしで判断している気がするんだが・・

誰か頭の悪い俺のために教えてください

42 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 20:52:47 ID:???
上告人代理人の名前誰か教えて

43 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 21:00:11 ID:???
もう裁判所HPに判決文アップされてるの?

44 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 21:01:24 ID:xhsJ84mj
>>39
いやぁ、大法廷の判旨がグダグダってことはまずないぞ。ちゃんと読み込めって

45 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 21:07:35 ID:???
ちなみに24条の話は一切出てこなかったの?

46 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 21:17:22 ID:???
http://dailynews.yahoo.co.jp/photograph/pickup/

きちょまんふえますた

47 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 21:23:01 ID:???
>>36
3分説は学説に過ぎないからな

48 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 21:48:03 ID:???
正直、この判決だけは、ありえない。
まったく妥当ではない。

ってか、こういう真に国家としての存立に関わる事項について、
裁判官が判断するってのが間違ってる。

49 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 21:51:24 ID:???
違憲審査ってそういうもの
立法府の暴走を抑えるという役目を普通に果たしただけ

どこが妥当じゃないのか書くといいよ

50 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 21:54:24 ID:???
>>48
逆に言えば国家としての存立に関わる事項の違憲状態が
放置されているということもできるな

51 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 21:54:48 ID:???
今も立法手段に合理的関連性はあるはず。
この馬鹿な裁判官に勝手に合理的関連性がなくなったなどといわれたくないね。

国会が判断するのであれば、従うが・・・

52 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 21:54:52 ID:???
書けるわけないじゃん
ν速厨にw

53 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 21:56:39 ID:???
>>51
おまえ自身の判断という要素はないわけね。よくわかったw

54 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 21:57:28 ID:???
>>53
日本語がわからない

55 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 21:57:37 ID:???
国籍は法律で定めることになっているのだから、違憲審査基準は可能なかぎり緩やかにすべきだ
とか言ってみる。

56 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:00:33 ID:xhsJ84mj
>>55
でも、生まれてくる子が少なくとも無国籍になることだけは避けなければ

57 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:02:26 ID:???
無国籍にはならないだろ。母の国籍になるんだから。

58 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:03:27 ID:???
母の国籍になることは自明ではないよね

59 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:03:33 ID:???
>>56
それはそうだけど・・・
だからといって、日本国籍をあげるわけにはいかんだろ。
そういった外人が日本文化に同化するってのならいいけれど、
人種のるつぼ化して、社会がガタガタになったら、
ほんとにこの国は終わりだ。

60 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:05:08 ID:???
違憲判決前でも胎児のうちに認知すると日本国籍を取得するよ。

61 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:05:34 ID:???
【最高裁での過去の法令違憲判決】

■刑法の尊属殺人罪規定   (昭和48年)
■薬事法の薬局距離制限規定   (50年)
■衆院議員定数不均衡訴訟    (51年)
■衆院議員定数不均衡訴訟    (60年)
■森林法の共有林分割制限規定  (62年)
■郵便法の賠償責任制限規定 (平成14年)
■在外邦人の選挙権制限規定   (17年)


62 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:05:58 ID:???
>>55
判例の立場はその通りでしょ。
選挙運動規制と同じで。

今回はその緩い基準でも違憲ってなったわけでしょ。

63 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:06:04 ID:???
認知ビジネスでもはじめるかな。
結構儲かりそうだな。

64 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:07:01 ID:???
「56くんの意見には賛成だ」

65 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:07:36 ID:???
>>63
軽いジョークのつもりでも人間性を疑われる例だね。

66 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:07:46 ID:???
こういうのって、いわゆるジャパユキさんの子供が多いのか?


67 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:08:38 ID:???
>>63
ぎょぎょぎょの行書ですか?わかりません

68 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:08:47 ID:???
>>65
ジョークじゃないぜ。
恵まれない外国人の方々に、日本国籍を与えることができる、
とても社会的貢献度の高い仕事だぞ。
しかも、確実に儲かる!

69 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:11:11 ID:???
>>68
人間性を疑われる例だね。

70 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:13:19 ID:???
>>69
人間性を疑われたところで、
こういうことをやるやつがこれから出てくる可能性があるぞ。
特に、日本に対して何ら愛着をもっていない人々・・・

71 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:14:53 ID:???
こう言っちゃ何だが、
親父は日本人で、
日本で生まれて日本の教育受けている。
そんな人が
少子化でお先真っ暗な日本の国籍欲しいって言ってくれてるんだぜ。
ありがたい話だよ。

72 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:15:00 ID:???
>>70
いや、君の人間性だから。

73 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:15:06 ID:???
>>63

つ民法90条

74 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:15:21 ID:???
理屈は置いておいて

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080604-00000027-jijp-soci.view-000

後ろの警官さんの「よかったな」って感じの微笑は素敵。


75 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:15:32 ID:???
偽装結婚ビジネス、出産前認知ビジネスなどは893が前から手懸けてるから
へたにちょっかいを出すと沈められるよ。

76 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:16:02 ID:???
>>72
おまえ、相当頭悪いな。


77 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:16:16 ID:???
6月4日22時12分ごろ地震がありました。

78 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:16:46 ID:???
>>76
Socratesくらいにはね。

79 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:17:37 ID:???
ポテンシャル、ロー理念、成仏、法曹の営業と倫理、人間性…。
胡散くせえ業界になってきたなあ

80 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:19:24 ID:???
>>79
必要なものとそうでないものを混ぜるな。

81 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:22:19 ID:???
ソクラテスのソはωだったかな…
テはηだったかな

82 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:22:42 ID:xhsJ84mj
でも、本当に認知ビジネスは始める奴出てくるだろうな。国会がこの判決受けて、国籍法どう直すかにもよるけど

83 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:22:41 ID:???
ひょっとすると今までの法令違憲判決のなかで社会への波及力は一番かも。
司法による立法裁量の当否の判断を考える上で実証的なリーディングケースともなりうる。

84 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:25:15 ID:???
(出生による国籍の取得)
  第二条 子は、次の場合には、日本国民とする。
   一 出生の時に父又は母が日本国民であるとき。

父の認知があっても,それが出生後なら,1号に該当しないのか?
認知を調べてみたら,遡及効があるんだけど。

85 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:25:19 ID:???
>>83
いやぁ、インパクトなら尊属殺がぶっちぎってるだろ。しかも刑法という超メジャー法律だし
でも、国籍法の適用事例が、他の法令違憲に比べて多分件数多いであろうことは同意

86 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:27:10 ID:???
資格板の行書スレはどこも祭りになってない模様…
ま、あそこは行書ベテの巣屈らしいから

87 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:29:14 ID:???
ということで、今回の判決には腹立つけど、
受験生の分際なので、文句いっててもしかたない。

とりあえず、二回試験のために、ローの復習でもはじめるか・・・

88 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:29:51 ID:???
いやー感動した

89 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:33:34 ID:???
国籍法を改正して、父母ともに日本人か
結婚した日本人の子であることとか
に限定したらどうなるんだろう

90 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:33:35 ID:???
国民が子供を生まない以上
経済レベル維持を前提にするなら
移民国家に移行していくしかないのだから、
法律論以前にさっさと改正しておくべき条項だよ。

91 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:33:49 ID:???
この国が音を立てて崩れてゆく

92 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:37:15 ID:xhsJ84mj
>>89
ぶっちゃけどこまで立法裁量が認められるかに尽きるよな。国籍与える義務を国に課す事は出来んだろうし

93 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:37:29 ID:???
少子化→人口減で日本が滅びるよりまし
日本で血統は父系基準で考えるものだ。
外国人側室を認めても日本人の血統を残すべきだ。

94 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:38:28 ID:???
>>85
数そのものと悪用者の可能性かな。後者に有効な対策が思い浮かばない。

95 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:39:18 ID:xhsJ84mj
これ違憲判決出たとして、遡及的に国籍が付与されるの?訴訟物がよく分からんのだが

96 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:40:15 ID:???
修習生じゃないのも流れてきてるな

97 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:41:21 ID:???
違憲判決を出す時は、最高裁調査官と内閣法制局との間で、事前打ち合わせのようなことをするの?



98 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:41:51 ID:???
>>82

改正の道を辿るのではないかな?

99 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:41:58 ID:???
>>95
最高裁判決の主文は原判決破棄・控訴棄却
だから東京地裁の「原告が日本国籍を有することを確認する」という主文が確定

100 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:42:21 ID:???
むしろ修習生はこの板卒業しろって感じだけどな。

101 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:42:35 ID:???
>>97

そんな事するわけないじゃん。

102 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:49:56 ID:???
>>84
田原補足意見

国籍法3条1項自体を無効と解した上で,生後認知子については,民法の定める認知の
遡及効(民法784条)が国籍の取得の場合にも及ぶと解することができるならば,生後
認知子は,国籍法2条1号により出生時にさかのぼって国籍を取得することとなり,胎児
認知子と生後認知子との区別を解消することができることとなる。しかし,このように認知の
遡及効が国籍の取得にまで及ぶと解した場合には,認知前に既に我が国以外の国籍を
取得していた生後認知子の意思と無関係に認知により当然に国籍を認めることの是非や
二重国籍の問題が生じ,さらには遡及的に国籍を認めることに伴い様々な分野において
法的問題等が生じるのであって,それらの諸点は,一義的な解決は困難であり,別途法律
によって解決を図らざるを得ない事柄である。このように多くの法的な諸問題を生じるような
解釈は,国籍法の解釈の枠を超えるものといわざるを得ないのであって,その点からして
かかる見解を採ることはできない。

103 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:51:13 ID:???
事実上,実質的合理的関連性の基準とってるな・・・。

あと14条違反の場合の救済方法についての判示部分が最高裁としては新しい。

104 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:54:18 ID:xhsJ84mj
なんか論点目白押しだな。てか国籍法のシステム知らないと、どうしても深く議論出来ない

105 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:54:32 ID:???
泉補足意見はその点明示的に実質的合理的関連性の基準を取ってるね

106 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:54:50 ID:???
それもあるけど、その前に「すべて国民は」と書いてあるので、
国民でないものに適用するのは間違いだろうな。


国籍取得、数万人に道=婚外子国籍訴訟

 国籍法の「結婚要件」規定を違憲とした最高裁判決を受け、同法が改正された場合、数万人に新たな
国籍取得の道が開かれる可能性が指摘されている。
 厚生労働省の統計によると、日本に住む外国人母の婚外子は年間に約2800人。研究者によると、
父親が日本人のケースはこのうち2000人を超えるとみられる。
 国籍取得できるのは20歳未満に限られるが、出生後に出国し、海外に居住している例を含めると、
対象者はさらに増えることになる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080604-00000094-jij-soci

国籍法「結婚要件」は違憲=比人母の子に日本籍−最高裁大法廷

 結婚していない日本人の父とフィリピン人の母の間に生まれた子供計10人が日本国籍を求めた2件の訴訟の上告審判決で、
最高裁大法廷(裁判長・島田仁郎長官)は4日、両親の結婚を国籍取得の要件とした国籍法の規定を違憲とする初判断を示した。
その上で、訴えを退けた二審判決を破棄、原告全員の日本国籍を認めた。
 最高裁が法律の規定に違憲判決を出したのは、在外邦人の選挙権を制限した公選法の規定をめぐる2005年の判決以来で、8例目。
 訴えていたのは、東京、埼玉、神奈川各都県などに住む8〜14歳の子供10人。出生後に認知された婚外子は、
両親が結婚しないと国籍を認めないとした国籍法3条の規定が、憲法の平等原則に反するかが最大の争点だった。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080604-00000093-jij-soci

107 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:58:30 ID:???
島田さんは個別意見を述べてないな
やっぱり長官だと自重するのかな

108 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:59:50 ID:???
個別意見書かれると
教授が張り切ってしまうので
みなさんに自重していただきたい。

109 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:59:54 ID:???
>>106
今回の判決は
本来国民であるものが国民とされていなかった、ということ。

日本人の父母から生まれて日本で育ったものでも
結婚するまでは日本人と認められない、

という法律があっても君は日本人じゃないから
日本人とされなくてもいいと考えるかい?

110 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:00:06 ID:???
第二の都教組判決になりそうだな

111 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:03:27 ID:???
>>104
憲法上の論点としては

@合理性判断をいわゆる中間審査基準レベルで行うべきであったか(+なぜ中間審査基準レベルなのか)。
A中間審査基準によるとしても,目的と手段との合理的関連性をないとしたのは妥当な判断であったか。
B胎児認知子と生後認知子との間に不合理な差別があって違憲の状態であるとしても,立法上の措置をまたずに国籍取得を認めたのは妥当な判断であったか。

の3つに絞られるね。Bの論点は統治にもかかわるから来年出てもおかしくない予感。

112 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:05:26 ID:???
基本的に問題となっているのは準正子と非準正子の区別じゃないの?

113 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:10:10 ID:???
 ■法令違憲 法律などの全部、または一部を違憲とする判断。
最高裁が法令を違憲としたのは、刑法の「尊属殺人重罰規定」(昭和48年)や薬事法の「薬局距離制限規定」
(50年)など7件ある。
判決の効力はその訴訟にしか及ばないが、国会に対して法の改廃を迫る事実上の強制力がある。

【最高裁での過去の法令違憲判決】
■刑法の尊属殺人罪規定   (昭和48年)
■薬事法の薬局距離制限規定   (50年)
■衆院議員定数不均衡訴訟    (51年)
■衆院議員定数不均衡訴訟    (60年)
■森林法の共有林分割制限規定  (62年)
■郵便法の賠償責任制限規定 (平成14年)
■在外邦人の選挙権制限規定   (17年)

(終わり)

114 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:11:39 ID:xhsJ84mj
>>112
俺もそう思ってた。でも>>111の整理だと違うな。確かにその点でも不合理差別と言えそう、しかもそれなら同じ国籍法の中で立論出来るし
最高裁はやっぱそう言ってんの?

115 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:13:11 ID:???
>>112 >>114
ごめん,判文の一部に胎児認知の場合との比較があったからそれに流された。
おっしゃるとおり,文言上は準正子との区別です。

116 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:13:30 ID:???
>>113
乙。

117 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:13:45 ID:???
広島の暴走族条例や国旗国歌の判例、そして今回の大法廷判決を読んでみると
堀籠と藤田は全く正反対の思想の持ち主だね。

118 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:15:28 ID:???
>>102
そこから納得できないな。二重国籍なんて,父母が日本人でも米国その他の
出生地主義の国で生まれれば,そうなるんだし。

ただ,そう解しないと,3条は2条を制限するおかしな規定ということになるね。

119 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:16:15 ID:???
>>114

地裁判決の方が詳しくていいと思う。今日の判決は地裁判決のコピペだよ。

120 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:21:03 ID:???
何と何の差別か、っていう論点は、俺がロー3年の時の憲法系科目の最後の試験の出題ネタだったよ。
10年以内に新試で出るとか言われたけど、ここまで有名になっちまうと論文じゃ出なさそうだな。

121 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:23:45 ID:???
ちょこっとν速のスレを見てきたが、いかにも頭の悪そうな排外の嵐に吹いたw

122 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:24:23 ID:???
子供の出生時、父親と思われるものがいるなら、DNA鑑定書でも義務付けりゃいいのに。

123 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:25:18 ID:???
判決読んでないんだけど
何と何の差別って言ったの?
母が外国人で出生前に父の認知を受けた子どもと、出生後に認知を受けた子どもの差別?



124 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:25:20 ID:???
300日規定でも嫡出否認の訴えでもDNA鑑定書は冷遇されておりまする

125 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:25:38 ID:???
ニュー速+の頭の悪さは笑えるね。
しかも2ちゃんを代表してるつもりだから性質が悪い

126 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:26:29 ID:???
生後認知児か胎児認知児か、その違いじゃないの?生後認知だと国籍が来ない。

127 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:26:51 ID:???
違法な認知に対しては政府は早急に対応する必要があるけど
無能な官僚連中には無理かな。


128 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:27:09 ID:???
>>121
ここもあんまり変わらんよ
ざっと見たけど明らかに法律全然知らないけど、適当に言ってるのがけっこういる。
まあ、あんまり信用しない方が良い。

129 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:28:25 ID:???
男が婚外子を認知するとそれなりに大きな法的責任が発生し、
それは母親や子供との個人間契約では逃れられる性質のものじゃないんだが、
それでもやるかね?

130 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:28:46 ID:???
国籍法規定は違憲とした裁判官を次回の国民審査で罷免させよう!!

131 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:29:07 ID:???
>>95
>>99のいうように確認判決
行訴44T、33Tで関係行政庁に拘束力が生ずる

>>103
あくまで合理的区別か、という枠組み維持だと自分は思うけど議論を呼ぶとこかな・・・

132 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:30:00 ID:???
>>130
やれば?面白いじゃんw
ニチャンネラの社会的影響力がどの程度だか明るみに出るよ。

133 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:32:14 ID:???
しかし、立法当時と比べてそんなに社会情勢変化してるかねえ……?
やっぱ、原告救済の判断が先立ってるような気がするな

134 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:33:17 ID:???
>>131
判決でただちに国籍が付与されるの?
それとも国籍を認めるよう申請なり何なりしたとき、
行政庁が判例に拘束されて必ず国籍が認められるってこと?

135 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:35:15 ID:???
国籍法ってあんまり戦前から変わってなかった希ガス。
戦後に男女平等に直しただけで、他は改正してないと思う。

戦前に、外人女に子を産ませて(この時点で上流階級の人間だろ)、
それが国内まで追っかけて来たら、普通に廃嫡されそうでんなw

136 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:36:59 ID:???
>>131
>行訴44T、33Tで関係行政庁に拘束力が生ずる
??

137 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:38:35 ID:???
認知の有無ではなく
婚姻の有無の差別が問題なのか

138 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:39:48 ID:???
認知する父親がそんなに出ると思えないな。

139 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:41:27 ID:???
>>121

探すの面倒だからリンク張っておいてよ。

>>128

具体的に書けよ。

140 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:43:16 ID:???
>>139

頭が痛くなっても知らないよ
【裁判】婚外子 国籍法規定は違憲 国に法改正迫る 最高裁大法廷判決 原告の逆転勝訴★2
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1212587176/

【裁判】 「婚外子でも、日本国籍取得OK」判決で、数万人に日本国籍取得の道が開かれることに…法改正
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1212565648/


141 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:43:25 ID:???
国籍法規定は違憲とした裁判官を次回の国民審査で罷免させよう!!
平たく言えば、移民の受け入れを開始したということでしょ。
官僚の意向どおりに動いているね。





142 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:44:45 ID:???
「平等」を根拠にすればなんだって言える。
およそ事物の性質にもとづく差別の全ては平等で否定できる。
平等というのは民法における公序良俗や信義則と同じく最後の手段であって、
みだりに持ち出すのは法律のプロのやることではない。

143 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:44:47 ID:???
判決文は明日の新聞で読むが、
偽装認知が横行しようが何しようが
少子化という大事の前では小事。
結論、最高裁よくやった。

144 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:45:55 ID:???
少子化対策の側面はあるかもしれんねw

145 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:46:25 ID:???
胎児認知と生後認知の差異が問題になったんじゃないの?

146 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:47:42 ID:???
売国判事は死んでいいです

147 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:47:55 ID:xhsJ84mj
>>140
さっそく見てきたんだが、三権分立の存在って民主主義の必要要件なの?なんかえらい難しい議論してるなぁ・・

148 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:50:19 ID:???
身体は外人(ハーフ)が、日本で育つというのは実はもの凄いハイスペック人材なのではないか。
ダルビッシュを見ててそう思う。

149 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:50:27 ID:m+vxzAkT
認知が純粋私法行為じゃなくて、
公法上の効果も発生することになるわけだな。

それって認知の要件を厳しくすることに繋がるわけで、どうなんだろ?

そもそも偽装認知って違法なんだっけ?

150 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:51:54 ID:???
予想外!

予想GUY!


151 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:52:03 ID:???
レベル低すぎ

152 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:55:39 ID:???
結婚は男女の関係であって親子の関係ではない。
結婚してようがしてまいが、日本人の子は日本人であるという判断。
よく考えれば当たり前の話。

153 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:58:22 ID:???
とりあえずageてる奴はν速から来たものと思っていいんじゃね?

154 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 23:59:45 ID:???
ν速の奴らは何が違憲とされたのかすら分かってないから困る

155 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:01:53 ID:???
認知者との血縁をDNA鑑定で証明する義務を国籍取得の条件にすべきだな

156 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:02:42 ID:???
手続規定の改正は必要だろうね。
今の政府にちゃんとできるかな

157 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:03:59 ID:???
おそらく認知手続の厳格化に向かうんだろうな。

158 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:04:26 ID:???
>認知が純粋私法行為じゃなくて、
>公法上の効果も発生することになるわけだな。

生前認知の場合では出生、生後認知なら届出が
国籍取得の要件であって、認知そのものから直ちに
公法上の効果が発生するわけではないんじゃないの、国籍法を読む限り?


159 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:06:02 ID:???
>>153

どうやったらageとsageの区別がつくの?

160 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:07:41 ID:???
1審は平成17年4月13日?

161 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:08:43 ID:???
大体、偽装国籍を防止する措置が必要だとしても、
そんなの、認知する際の要件に審査を加えるなり何なり、
あくまで認知段階で措置を講じるべき問題なんだと思う

そういう措置を講じようともせず、現実問題としては、
籍を入れてやら無い馬鹿な日本人男子のせいで、
日本で生まれ日本で育ちながら国籍を得られない、無実のこういういう子供たちが、
そのとばっちりを受ける、なんて、不合理も不合理、最低の法律だろ

こういう子供たちの国籍は、まず認めろ、
偽装を防止したいなら、それは別個に対策を講じろ、ってことだ

滅茶苦茶に当たり前の判決だよ、なんで放置されてたのか分からないくらいにな

162 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:13:33 ID:???
>>142
民法の知識はともかくとして、憲法の違憲審査基準とかについて
全然触れることができないで見当違いなことを言ってるところを見ると、
君は行政書士とか司法書士崩れかね?

これから勉強していくならがんばって
万一、既に受かって達観して変なこと書いてるならご自由に

163 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:15:06 ID:???
>>154

母親が非難されてたな。

164 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:15:15 ID:???
基本的には準正子と非準正子の区別が憲法14条1項に違反しないかが問題となっている。
ただ判旨のなかで胎児認知子と生後認知子の区別も触れられている。
また田原補足意見は胎児認知子と生後認知子の区別も憲法14条1項に違反するとしている。

165 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:16:00 ID:???
ただし 認知したなら養育費は父親の給料を差し押さえてでも 
きっちり取り立てるべきだな
(日本はそこが甘過ぎる 実質婚姻関係が続いていても 
法律上離婚して母子家庭とした方が金銭的に楽な位に・・・)

166 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:17:22 ID:???
ひろゆきはそろそろ賠償金払うべきだな

167 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:17:23 ID:???
692 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:36:10 ID:???
論点1.国籍法3条1項による国籍取得の区別の憲法適合性
・多数意見〔違憲〕(9名)
 →島田仁郎,泉徳治,才口千晴,今井功,中川了滋,那須弘平,涌井紀夫,田原睦夫,近藤崇晴
 
 補足意見(2名)
 →泉徳治,田原睦夫(胎児認知子と生後認知子の区別も14条1項違反)

・反対意見1〔合憲〕(3名)
 →横尾和子,津野修,古田佑紀

・反対意見2〔合憲〕(3名)
 →藤田宙靖,甲斐中辰夫,堀籠幸男
  (ただし,非準正子に対し届出による国籍付与をしないという立法不作為が違憲)

論点2.本件上告人に日本国籍の取得を認めることの可否
・多数意見〔積極〕(9名)
 →島田仁郎,泉徳治,才口千晴,今井功,中川了滋,那須弘平,涌井紀夫,田原睦夫,近藤崇晴
  (国籍法3条1項から父母の婚姻により嫡出子たる身分を取得したことという部分を除いて解釈)
 
 補足意見(4名)
 →今井功(那須弘平,涌井紀夫同調),近藤崇晴

・意見〔積極〕(1名)
 →藤田宙靖
  (国籍法3条1項の対象には日本国民である父親による生後認知を受けた非準正子も含まれる
  と拡張解釈)

・反対意見〔消極〕(5名)
 →横尾和子,津野修,古田佑紀,甲斐中辰夫,堀籠幸男

168 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:18:13 ID:???
まあ実際は、少子化時代、少しでも若い「日本人」を増やそうという配慮が働いたのかも知れんぞw


戦争中も、実は、アジアの優秀な血を日本人と混ぜて、優れた国民を増殖させようという政策が
極秘に行われていたらしいね。モンゴルとかの優れた女性を日本人と交配させて、超高度東洋種族というのを
生み出そうという研究が満州でやってたそうな。

169 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:19:39 ID:???
>>168
そういうのはニュー速+でやってください

170 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:20:13 ID:???
>>165

問題となるようなケースでは大体の父親が貧乏人なんじゃないか?

171 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:21:52 ID:???
手元不如意の抗弁に対してどう対処するか。

172 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:22:12 ID:???
父母の結婚の有無によって国籍取得が左右されることが違憲とされたんだろ?
なら、「父母の結婚の有無にかかわらず科学的方法により父子関係が認められない限り
認知によっても国籍取得できない」という風に国籍法を改正すれば違憲じゃなくなるな。

173 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:22:26 ID:???
田原補足意見がもっともだと思う。そこを区別する目的が思い浮かばない。

174 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:24:28 ID:???
区別が憲法違反という意味では多数意見と反対意見2は一致しているのでは?

175 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:24:48 ID:???
>>152
>結婚してようがしてまいが、日本人の子は日本人であるという判断。
日本国と密接な関係があるかないかを問題にしてしまったので,
やがて血統主義が崩れていく気がするな。

ちなみに,俺は,以下ほぼ順番どおりに日本国と密接な関係があると思う。
a.日本国内で生まれた,日本人の父母を持つ子
b.日本国内で生まれた,日本人の父を持つ嫡出子・日本人の母を持つ子
c.日本国内で生まれた,日本人の父親から認知された子
d.外国で生まれた,日本人の父母を持つ子
e1.外国で生まれた,日本人の父から認知された子
e2.外国で生まれた,日本人の母を持つ子

今回は,bとcの取扱い上の差が問題になったけど,e1が日本国籍だという
のは違和感を感じる。日本国と密接な関係もない。
もしe1がダメなら,e2もダメにしないとおかしい気がする。

176 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:25:04 ID:???
>>172

多数意見読んだ?

177 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:27:03 ID:???
>>169
ニュー速+の奴は排外主義的すぎるし、歴史を知らないんだよね

純血日本人なんて幻想は意味が無いんだけど、あいつらわかってない。
大日本帝国政府ですら、アジアの優秀な血を取り込んだ超高度東洋種族の
創出が日本の未来のために不可欠だと認識していたのにね。

178 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:28:47 ID:???
dに当てはまる俺が175に抗議します!

179 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:30:22 ID:???
>>177

小熊英二の本は分厚いぞ。

180 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:30:43 ID:???
>>164
>また田原補足意見は胎児認知子と生後認知子の区別も憲法14条1項に違反するとしている。
賛成なんだけど,それだったら>>102みたいなこと言わないで,2条1号には生後認知子も
含まれると言えよと思った。
胎児段階で認知するのと出生後に認知するのは,法律上その父の子となる点で,変わらない
し,>>102で言ってることは詭弁だと思うんだけど。

181 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:30:55 ID:???
>>175
血統主義に出生地主義を補充した制度に移っていくべき

182 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:32:18 ID:???
>>179
余談だが、小熊英二は、思想史の交通整理=一流、政治の現状分析=三流だね。

183 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:40:47 ID:???
>>167
この分類間違ってないか?

184 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:41:42 ID:???
うん

185 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:42:42 ID:???
>ちなみに,俺は,以下ほぼ順番どおりに日本国と密接な関係があると思う。
e1とe2の位置が逆だな

186 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:42:55 ID:???
>>180

それでいくと、胎児認知の場合は出生という事実で自動的に日本国籍が付与されるのに
生後認知だと法務大臣に届け出る必要があるな。

187 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:47:49 ID:???
>>181
>血統主義に出生地主義を補充した制度に移っていくべき
俺はミックスすべきだと思う。

日本国内で生まれた子は,父か母どちらかが日本人なら日本国籍付与。
外国で生まれた子は,父母共に日本人の場合のみ日本国籍付与。

>>175のa〜dは日本国籍だけど,eは原則として違うと思う。

「日本国籍は,我が国の構成員としての資格であるとともに,我が国において基本
的人権の保障,公的資格の付与,公的給付等を受ける上で意味を持つ重要な法的地
位でもある。」なら,外国で生まれた子は,その国の法律の適用を受けるのだから,
原則として日本国籍である必要がないんじゃないか?
例外的に,父母共に日本人の場合は,「家族生活を通じた我が国社会との密接な
結び付き」があるので,日本国籍とするべき。
eでも生まれた後に日本に居住しているなら,届け出によって日本国籍を付与すれば
足りると思う。

188 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:50:36 ID:???
「婚姻関係を結ぶ」か「DNA 鑑定で証明する」の2例を認めればいいんじゃないの?
父親がいずれも拒んだ場合は国籍取れないが、それはこの違憲判決が出て法律が是正された後も変わらないよね?
教えてエロい人。

189 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:54:13 ID:???
そりゃ、どういう場合に国籍を付与するかで区別する必要はあるだろ。
それがなかったら、無条件で与えるってことになるぞ。
血縁関係にあるかどうかで区別するのは平等だけど、
結婚してるかどうかで区別するのは不平等だってのはおかしい。

190 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:56:28 ID:???
>>185
>e1とe2の位置が逆だな
eは同列と考えた。
昔は父が日本人の場合だけ日本国籍だったという国籍法の歴史に沿って,1と2の順にしただけ。

考えたら,>>187もミックスではないね。
日本国内で生まれた,父母共に日本人でない場合を除いているから。
ただ,最高裁が使ってる理論を突き詰めると,父母共に知れないときだけ日本国籍とする
国籍法で十分なのかわからなくなってくる。

191 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:58:22 ID:???
血縁関係にあるにも関わらず、結婚しているかどうかで差別されてるのが平等違反なんだよ

192 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:00:08 ID:???
日本人は単一民族神話なんて中曽根あたりが言い出したんじゃないのかね

百済が滅んだときに凄い数の亡命百済人がやって来て畿内に住み着いたんだがな

193 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:00:09 ID:???
現行法は、こういう状態

1 父親の母親のどちらかが日本人であれば、出生時に日本国籍はとれるというのが大原則。
2 母親が日本人、父親が外国人の場合、結婚していようがいまいが、子供は出生時に日本国籍が取れる。
3 父親が日本人、母親が外国人で、両親が結婚している場合、子供は出生時に日本国籍が取れる。
4 父親が日本人、母親が外国人で、両親が結婚していなくても、胎児のときに父親が認知していれば、
  子供は出生時に日本国籍はとれる。
5 父親が日本人、母親が外国人で、両親が結婚しておらず、父親の認知が出生後の場合は、親が結婚すれば
  子供に日本国籍が与えられる。

で、父親の認知が出生後の場合、日本国籍付与の条件に両親の結婚を課すのは、法の下の平等に反するという判決が
出たわけだわな。

194 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:02:29 ID:???
>>162
平等はどんな事例でも問題にしうる、っていう指摘は実は間違いではないよ

…でもこの事例は14条が問題になる事例だけどねー

195 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:04:35 ID:???
まぁ、この子に限れば、最高裁までやってる中で「本当にこの男女の間の子
なんです!」とDNA鑑定結果でも出してる可能性有るし、そもそも裁判を
起こしてる時点で注目を集めるわけだから何らかの偽装があるとは考えにくい。

でも、だからと言って行政窓口レベルでほいほい国籍を認めるようにすると、
偽装が起こる可能性も出てくるから、今後の取り扱いとしては窓口では
いったん却下、両親が国を訴えたら裁判の中で「ほんとにお前の子なのか?」
とDNA鑑定をさせて、で、実子だったら国は白旗上げて一審敗訴で確定
させればいいんじゃないかな。

196 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:05:23 ID:???
平等違反を指摘できるようなケースでは、たいてい実体法違反も起きている。
だからまずそっちを書くべきで、14条そのものの違反にまず飛び付いたら馬鹿の推定が働く。
でも、国籍法違憲問題は珍しく純粋に14条違反が問題になるケースだそうな。

197 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:06:10 ID:???
>>195
それは認知制度の問題で、今回の国籍法の適法性の議論に直接は関係しないのでは?

198 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:06:40 ID:???
>>195
おまえは遺産合有説で動いてる銀行屋と同じことを国にやらすつもりか
それこそ「待たせ賃訴訟」みたいな事が起きかねんぞw

199 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:10:17 ID:???
でも「国民」って「日本国籍を持っている者」じゃないの?
なんだか鶏と卵の問題な感じもするけど。
ごめん、素人だから頓珍漢なこと言ってるかもしれん。

論理的には正しいよなその指摘。

だから外国人は人権享有主体か、そうだとして国民と全く同等かそれとも保障される人権の範囲に
制限があるか、という議論が存在する。

これから国民たる資格=国籍を取得するかどうかという人に14条1項が当然に適用されるかは疑問。

200 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:11:33 ID:???
外国人の人権享有主体性の話だな。
判例も通説も権利の性質上可能な限り人権は保障されるといっている。
14条も性質上保障される。この子が日本人だろうと外人だろうと14条は適用される

201 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:13:43 ID:???
この判例の審査基準を答案に書いてよいものか

202 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:14:51 ID:???
外国人の人権共有主体性の議論は当たり前すぎて
最高裁判決でも省略だろ。
司法試験の論文の配点が良く分かる。

203 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:16:09 ID:???
>>199
理論的には面白いね
反対に外国人は、「切り離され孤立した」少数者として、むしろ厚く保護するべきだとのアメリカの判例もある
そもそも今回の子供が”外国人”なのかもよく考えてないけど・・・

204 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:16:47 ID:???
> 4 父親が日本人、母親が外国人で、両親が結婚していなくても、胎児のときに父親が認知していれば、
>   子供は出生時に日本国籍はとれる。
> 5 父親が日本人、母親が外国人で、両親が結婚しておらず、父親の認知が出生後の場合は、親が結婚すれば
>   子供に日本国籍が与えられる。
出生前に認知するか、後に認知するかで婚姻の有無が変わるのか。
そりゃ確かにおかしい気もするな。
偽装国籍云々なら、お腹に子供がいる段階で認知してもいいわけだし。

205 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:19:01 ID:???
>>195

因みに、この裁判ではDNA云々の話は一切無かった。

206 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:23:46 ID:???
>>192
(日本だけに限らないけど)単一民族か複数民族かという問題設定自体が、最近では批判されてますね

そもそも「民族」というもの自体が定義困難で曖昧で漠然とした集団幻想のようなものだから
単一も複数もないのではないか、と。

207 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:27:15 ID:???
>>177
キムチ臭w

208 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:27:22 ID:???
日本人=国籍保有者ってすると
10条争えなくなるからな。
まあ子供に国籍を与える権利で争うこともできるけど

209 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:27:26 ID:???
藤田裁判官は白髪を染めたのか?

210 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:27:34 ID:???
法令違憲だから、改正されるまでは国籍確認の訴えとかができないわな。
ただ、行政審判までは現行手続でできるかも。
判例の拘束力は行政には及ばないという屁理屈もあるしw

211 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:29:03 ID:???
>>200
適用されるけど、平等権については外国人と国民では差があることは芦部p.94ですら肯定してる話。
本件原告は国籍付与前なんだから国民並みの平等権の保障はない。

212 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:30:42 ID:???
>>210
法令違憲だからといって法律の効力が停止するわけじゃない。
同様の確認訴訟を提起すれば本件と同じ判決が出るだけの話で訴えは出来る。

213 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:31:20 ID:???
>>211
本来ならば国籍を付与されてしかるべき者だっていう点を見落としてないか?
単なる「ガイジン」じゃないぜ。父親は日本人、日本人の血を引く者だ。

もっとも純血以外は日本人と認めんという思想の持ち主ならそれを否定するつもりはないがw

214 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:31:32 ID:???
あと公務員の行為として違法になるおそれ大

215 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:33:03 ID:???
最高裁判例に抵抗したら公務員は国賠の重過失になるでせうか

216 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:33:15 ID:???
10条との関係で、日本人とは国籍保有者よりも広い概念である
と考えるほうが妥当だろうねぇ

217 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:34:28 ID:???
日本国籍がもらえない事による不要な出費、公的扶助からの除外、エトセトラ、エトセトラ・・・

基本的にチキソな役人に最高裁判例に抵抗する硬骨漢がいるわきゃねぇ〜

218 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:35:13 ID:???
>>3 父親が日本人、母親が外国人で、両親が結婚している場合、子供は出生時に日本国籍が取れる。
>>4 父親が日本人、母親が外国人で、両親が結婚していなくても、胎児のときに父親が認知していれば、
>>  子供は出生時に日本国籍はとれる。
>>5 父親が日本人、母親が外国人で、両親が結婚しておらず、父親の認知が出生後の場合は、親が結婚すれば
>>  子供に日本国籍が与えられる。

>>で、父親の認知が出生後の場合、日本国籍付与の条件に両親の結婚を課すのは、法の下の平等に反するという
>>判決が出たわけだわな。

要するに、責任を取りたくない、取りたくないって逃げ続けて、最後の最後で認知まではするけど結婚はしたくねえ、
って馬鹿が父親だった場合、馬鹿な父親のせいで、子供は日本国籍を取れなかったってのが現状なわけだ・・・
ふざけた法律だな

もちろん、逃げに逃げ続けて、認知すらしない、って父親も居そうだけど、そこまでは難しそうだな


社会的身分とは、人が社会において一時的ではなく占めている継続的な地位をいう。
あと前にもレスがあるけどな後段列挙事由に該当しなくても14条は適用される。
一般的には社会的身分にあたるというだろうし、そうすると違憲審査基準が厳しくなる

219 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:35:35 ID:???
>>213
「本来ならば付与されるべき」っていう根拠がどこにあるかが問題だろ。
気持ちとしてはわかるけど、国籍付与は立法裁量であることは本判決も認めてるとおりで、
判決のように立法が平等権に照らして裁量の限界を超えてるかどうかというとらえ方はできても、
本件原告が14条1項の国民に該当するという前提でその検討をするのは無理だ。

220 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:35:49 ID:???
愛国団体の街宣車が最高裁を取り巻いたらそいつらまとめて神認定

221 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:36:50 ID:???
>>219

>>216


222 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:40:40 ID:???
>>221
国籍付与のいかん、すなわち国民と認めるかどうかを問題としているのに、前提としてこの人は国民であるべきだ
というのはトートロジーにすぎない。

国籍保有者より広い日本人概念というのは何を構想しているのかわからない。

223 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:41:06 ID:???
10条に裁量に限界があるってことは
憲法が本来的に予定した国民足るべき者(日本人)と
いう観念があるとしか考えられないでしょ

224 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:43:23 ID:???
まあしかし>>222は無意味かな。
もともと本判決は国籍をこれから与えられるかどうかわからない人同士の比較での差別を
問題にしているのだから、これは外国人同士の平等と類似の問題ととらえればいいのだな。
ドイツ人はこれをしてよくて朝鮮人はダメというのと同じ性質の問題だ。

225 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:46:59 ID:???
>>223
いや、それだと国籍付与が権利性を帯びてしまうでしょ。
ある一定範囲の人は国籍を与えられることが権利だというふうになってしまう。
10条はそうはとらえられないのではないか。本判決も準正子・非準正子の差別、
胎児認知・生後認知の差別を問題にしてるだけではないか。前者に国籍を与える限りは
後者にも与えないと平等違反というだけで、前者に国籍を与えることは権利保障には入ってない。

226 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:49:04 ID:???
最高裁の判決は法律じゃないし、法律の試験でも「判例だから」は理由付けにならない。0点だよ。
あくまで条文と解釈理論だけを根拠にしないと。

227 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:49:59 ID:???
>>223
>憲法が本来的に予定した国民足るべき者(日本人)と
>いう観念があるとしか考えられないでしょ
そうかな。だとすれば,本来的に予定した国民足るべき者について,
憲法は定めているんじゃないかな。

俺も,憲法上の国民と国籍法上の国民とは同じではない,国籍法上
国民でなくても,憲法上の国民であることはあり得る気はする。
ただ,憲法上の国民というのはどうやって決まるのかな?
なんとなく,日本の統治権が及ぶ者なら,日本国憲法によって守る
必要があるので,憲法上の国民なんじゃないのか?という気がする
けど,外国人選挙権問題を典型として,こういう発想は日本では
受け入れられない気がするんだよな。

228 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:51:13 ID:???
実は本件は外国人と日本人の平等問題ではなくて、
まだ日本国籍をもらえる以前の段階にある二者間の平等問題なんだよな。
たまたま提訴したときに、日本国籍をもらえないグループが原告になっているから、
外国人と日本人の対立問題みたいに外見上は見えるだけで。

229 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:53:15 ID:???
>>227
江戸時代初期くらいまでは、マジで隣村すら敵国という意識で、
隣村をフラフラ歩いていると打ち殺されても仕方なかったそうでござんす。

嗚呼島国根性の根は深し

230 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:54:38 ID:???
共通の敵を意識しないとひとまとまりになれない日本人って、実は世界一孤立好きな民ではなかろうか

231 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:56:16 ID:???
「生まれてきた子に罪はない」というキーワードは
特に親族相続中心に重要視されてますよね
それを出されると非常に強力です

ただ一方でこのスレで書かれているように
悪用の可能性も非常に高い
そのあたりはこれからどう運用して、歯止めを利かすのかは気になります

「法で決める」の法は憲法に拘束されるんだよ
「法の支配」って概念だ
で、憲法内に不合理な差別は禁止されている
だから裁判所は法で決めた結果が不合理かどうかを判断するわけだ
今回はごくごく常識的な結論だと思う


偽装結婚は不法滞在の手段として行えば入管法違反の共犯で相手も犯罪者になるからな。
だけど認知は自由だから。
今までと今後で同じというわけではないよな。

232 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 01:58:53 ID:???
>>228
>まだ日本国籍をもらえる以前の段階にある二者間の平等問題なんだよな。
そうだね。
でも,これを外国人同士の平等問題と見る?

233 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 02:00:38 ID:???
>これに対し国側は「両親の結婚で子は日本との強い結びつきを持ち、法には合理的な根拠がある」と反論した。

こういうのって、誰がどういうプロセスで立論するの?
国側って総理の見解?
訟務検事の見解は反映されるの?

234 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 02:03:06 ID:???
>>229
>江戸時代初期くらいまでは、マジで隣村すら敵国という意識で、
>隣村をフラフラ歩いていると打ち殺されても仕方なかったそうでござんす。
そうかもしれないけど,江戸時代以前は,日本に住んでれば日本人だったでしょ。
明治になって日本人だとされた北海道アイヌとかは別にして。
弥生時代に半島や大陸から来た人間は,縄文時代に住んでた人の数倍らしいし。

235 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 02:03:24 ID:???
こんな馬鹿げた判決は聞いたことがないな。
国民たる要件は法で決めると「憲法」に書いてある。
それなのにその法が憲法違反って・・。
裁判官の気に入らないことをなんでも法の平等に反すると言えるな。
法の下の平等を定める14条は独立した超最高法規かw
インチキ裁判だな。
在日みたいな主張だから在日裁判と呼ぶか。

236 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 02:05:36 ID:???
日本国籍持ってるそこらの生活困窮者の男性に認知しまくってもらえばいいがな
婚姻関係なくてもいいなら無限に認知できるしw

子供が日本国籍取得したら母親も当然在留許可下りるだろうし
入国ビジネスやくざどもへの夢の判決やがなwww



間違ってたら指摘してください(´・ω・`)

237 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 02:06:28 ID:???
んなもん、認知の要件を厳しくすればいいだけだ
今の役所の何も見ないでスルーの体制を変えればいい、

そもそも偽装認知の対策なんて一切講じることもなく、
偽装の国籍取得を防止するために、
責任を取りたくない馬鹿な日本人の夫が居るせいで、
確実に居る、日本人の子として生まれた無実の子供たちが、
日本人の国籍を取得できない、なんて、とばっちりもいいとこだろ

原則、こういう子供の国籍は認める、対策は対策で別途やる、でいいじゃねえか

238 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 02:08:17 ID:???

実親子関係のない認知は無効だろ。
認知の要件ではなく、国籍取得の手続要件の問題じゃね−か

239 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 02:11:53 ID:???
>>234
「日本人」とかいう意識がそもそもなかったんだよ
「オレら」「隣村のヤツら」という意識はあってもね

血統主義だとか出生地主義だとかいうのは後付けの理屈だし
現在の日本居住者(あえてこう言う)のメンタリティは
根底においてあんまり変化がないのかもしれんよ

240 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 02:13:33 ID:???
>>231
>悪用の可能性も非常に高い
日本国内で生まれた子については,認知による日本国籍取得が,悪用なのか
どうか疑問だな。

「日本国籍は,我が国の構成員としての資格であるとともに,我が国において基本
的人権の保障,公的資格の付与,公的給付等を受ける上で意味を持つ重要な法的地
位でもある。」なら,「我が国社会との密接な結び付き」があるなら,日本国民と
してもいいわけで,その結びつきが「家族生活を通じた」ものに限定する必要はな
く,居住関係を通じた結びつきでもいいんじゃないかな。
日本で出生した子なら,日本国籍を与えてもよいところを,「家族生活」あるいは
「血縁」で限定しているだけだとも考えられる。だとすれば,日本で出生した子に
ついて,仮に生物学的に父親でない日本人が認知して日本国籍を有することになった
としても,それは「悪用」と言うようなものではないと思う。
外国で出生した子について,日本人の父親が認知することによって日本国籍になる
ことの方が,仮にDNA鑑定によって生物学的に血縁が確認されたとしても,問題
あると思う。

241 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 02:13:54 ID:???
裁判官どもは罪のない人間を犠牲にしてでも厳守しなければならない秩序が存在するということをわかっておらんようだな
国家が混沌の渦に飲み込まれることを考えれば一人二人はおろか数千数万の無辜を犠牲にすることも時には必要なのだ
国家という秩序の体系がなければ人間など猿の群れに過ぎん

242 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 02:14:51 ID:???
ダルビッシュの話が出てなくて少し失望。彼は最近日本国籍にしたんだよなあ

243 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 02:14:56 ID:???
>>241
特攻隊マンセーな方ですかw

244 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 02:17:09 ID:???
>>241
WWUあたりの戦没者の亡霊があの世からカキコですか
御苦労さまでつw

245 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 02:18:27 ID:???
純血統主義の人ってダルビッシュも認めないわけ?
それとも半島人とか台湾ザルだけが穢れてるって思うの?
よーわからん。

246 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 02:19:22 ID:???
>>245
アメリカ白人にはヘイコラしたりしてなw

247 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 02:19:22 ID:???
>>239
>「日本人」とかいう意識がそもそもなかったんだよ
>「オレら」「隣村のヤツら」という意識はあってもね

>現在の日本居住者(あえてこう言う)のメンタリティは
>根底においてあんまり変化がないのかもしれんよ
同意。

ただ,江戸時代に戸籍の前身となる人別帳などが作られたときは,
いわゆる本土に住んでるなら,(日本の)籍になったはずだし,
大化の改新の頃に作られた戸籍は,そもそもそれまでの帰化人が
作って,先住していた人たちは排除されたようなものだろ。

248 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 02:20:59 ID:???
そりゃ立法も人権や平等の制約には服すけど、親の結婚を要求するのが平等違反という点には疑問を感じるね。
まあ最高裁がそう言うんだからいまさら言っても仕方ないんだろうけどね。

249 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 02:23:53 ID:???
国籍は、親と子の関係なのに、両親が婚姻しているかどうかの
観点を持ち出すのは合理性に欠けると思うけどね


250 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 02:29:06 ID:???
日本国民のために、憲法やら法律があるハズなのに……


法律がそうなっているのに、なんで法律が違憲なんだよ。
法律に則って裁判を行うのが裁判所じゃねえのか?

法の下に平等というのは「日本国籍をもった日本人」に対してのことで
それ以外は関係ないだろ。
だったら、密入国、不法滞在なんかみんな違憲じゃねえかよ。

そうするとこれからは
子供は日本籍だけど母親は外国籍のままって
家庭が増えると言うことか

そうなると、子供は日本語喋れるが
学習意欲の薄い母親は片言の日本語と母国語で日本で暮らすと
日本語が不自由だから仕事が限られるし、当然収入も低水準だから
福祉に頼る流れになるんだろうな

あ、でも母親は日本の国籍取得できるのかな?

251 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 02:33:58 ID:???
>>250は,法律で250の国籍を剥奪されて,国籍無い非国民だから,
憲法で保障された表現の自由は認められない,2chに書き込みしたら
国外退去処分になっても,法律がそうなってるからと言って納得する
のかな?

252 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 02:40:01 ID:???
あーそういや民法の認知準正と婚姻準正のとこで、文理を排して読むとこがあったな
おもいだせね

253 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 02:47:25 ID:???
でも日本に帰化するなら国旗に忠誠を誓うことはしないとダメだよ。
法務省は何をやっているんだよ。
愛国教育もやらないとヤバい。
歴史教育も真実のみを教えるべき。

254 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 02:49:39 ID:???
DNA鑑定は民法学者の間では評判悪い。
母親の性的関係を暴くことになるから。
また現在でも父親にDNA鑑定を強要することは困難
強制となるとおそらく最高裁は違憲判断をする。
親子関係を知るという点においては合理的ではあるんだけどね。

255 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 02:50:22 ID:???
>>253
博士の異常な愛情おもいだしてワロタ
ナチ→米の学者が大統領に対して総統とか言っちゃうの

256 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 02:50:26 ID:???
教えて下さい。

日本国憲法上で、日本人=日本国民=日本国の国籍を有する人 以上の三概念はすべて同じ意味ですか?
また、国籍法上ではどうなのでしょうか。

257 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 02:52:49 ID:???
>4 父親が日本人、母親が外国人で、両親が結婚していなくても、胎児のときに父親が認知していれば、
>  子供は出生時に日本国籍はとれる。
>5 父親が日本人、母親が外国人で、両親が結婚しておらず、父親の認知が出生後の場合は、親が結婚すれば
>  子供に日本国籍が与えられる。

出生前の認知なら父母が結婚しなくとも日本国籍とれるが、出生後の認知ならとれないってのと
出生後父親が認知した場合父母が結婚すれば国籍とれて結婚しなければとれないってのと

今回は後述が憲法違反ってことだよね
前述はおかしくはないの?

258 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 02:52:57 ID:???
>>254
この時間だから言える…
Z竹サンは種と種まき人を借りてきたのかもしれない


259 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 02:56:21 ID:???
自治体が、認知届けをチェックできないのが最大の問題。
出産後の認知に統一するしか手はないだろうが、それでも、やばすぎる。
DNA検査を義務づけるしか手はない。

260 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 02:57:20 ID:???
>>256
>日本国憲法上で、日本人=日本国民=日本国の国籍を有する人 以上の三概念はすべて同じ意味ですか?
>また、国籍法上ではどうなのでしょうか。
憲法には,日本人という概念はないと思う。
国籍法は,日本の国籍を有する人という概念しかないと思うけど,それが日本国民
だという前提で作られてると思う。
憲法上も,国籍法と同じだと考えてる人が多いと思うけど,憲法上の日本国民は
多義的概念なんじゃないかと思う。

261 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 02:58:55 ID:???
最高裁大法廷判決なら新聞に判決文要旨出るよな・・・
にしても判例検索にまだ出てこないのなんでだ。午後に出した判決は遅いのか?

262 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 03:02:17 ID:???
釣られると、法律は、憲法に従う。 憲法に反する法律は、違憲・無効である (憲法98条)
裁判官は、憲法と、法律に従う (憲法76条)

法の下の平等は、法文上は確かに「国民」となっているが、
この問題はそもそも、「日本国民(国籍)を与えられるべき人間が、不当に差別されているかどうか?」
の問題。
日本国民となるべき人間が、不当に国籍を奪われている、という流れだ。

263 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 03:06:53 ID:???
また大法廷違憲判決
キタ━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━!!!

最近頑張っているなwww郵便法と言い在外選挙権と言い

264 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 03:08:24 ID:???
大法廷違憲判決→リダンダンツ

265 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 03:10:18 ID:???
今まででも出生前の認知で父母の結婚はなくても国籍を与えられてたわけだから
出生後と出生前で区別するのはおかしいってこともあるのかな?

あくまで今回は
出生後の認知はあったが結婚の有無
国籍を取得できるかできないか左右されるってことがおかしいってこと?

266 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 03:16:17 ID:???
認知っていうのは、父親個人が自分の戸籍に入れてもいいよって許可してるだけ。
国籍を与えるかどうかとは別問題。
父親個人が国籍を与える権利はないので。

267 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 03:18:32 ID:???
 (準正による国籍の取得)
   第三条 父母の婚姻及びその認知により嫡出子たる身分を取得した子で二十歳
    未満のもの(日本国民であつた者を除く。)は、認知をした父又は母が子の
    出生の時に日本国民であつた場合において、その父又は母が現に日本国民で
    あるとき、又はその死亡の時に日本国民であつたときは、法務大臣に届け出
    ることによつて、日本の国籍を取得することができる。
   2 前項の規定による届出をした者は、その届出の時に日本の国籍を取得する。

「父母の認知により嫡出子たる身分を取得した子で〜」に変わるのかな。

268 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 03:24:26 ID:???
国籍法第2条と第3条には明らかに矛盾があるんですが。

269 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 03:33:19 ID:???
良い教育を受け、安定した職に就き、生活に余裕のある人間は、
心の余裕から、しばしばリベラルな性格になる。
リベラルだと、世間的にもいい格好ができるしね。


逆に、良い教育を受けず、安定した職に就けず、生活に余裕が無い人間は、
自分自身の生活すら脅かすような他人をなるべく排除しようとし、排他的、
あるいはゼノフォビア(外国人恐怖症)となりがちである。

しかし現実には、外国人を排斥したところで、彼の生活が少しでも
良いものになるという可能性は少ない。
他人を排斥する人間は、しばしば自身が他人からも排斥されるからだ。

270 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 03:36:01 ID:???
>DNA鑑定は民法学者の間では評判悪い。
>母親の性的関係を暴くことになるから。

じゃなくて、親子関係を自分らによる裁判で好き勝手に決めたいからだろ。

ショバを荒らすなってことで、評判の悪さに合理性はない。

>また現在でも父親にDNA鑑定を強要することは困難

認知の必要書類にしとけばいいだけだし、父親側は嫌がる理由がないぞ。

271 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 03:38:08 ID:???
最低でもDNA検査を義務付けろ

272 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 03:44:32 ID:???
これは認められていいと思うが
セットで悪用した場合重罪にする法律が必要

平等保障は性質上可能なものは外国人にも及ぶ。

この事件の場合、準正子(認知の後で父と母が結婚したことで父の嫡出子になった子)
なら(国籍法3条1項)により届出だけで国籍取得できるのに対し、結婚してい場合
(非嫡出子のままの子)は国籍取得できない差別を捉えて平等違反だと言っているのだ。
(地裁判決の争点による。)

この差別は結婚した場合と認知しただけで結婚しない場合とでは、日本人たる父と、問題の子との
間の結びつきに差があるという点を捉えて国籍付与に差を設けているのだから、まったく不合理な差別ではない。

しかし、これが平等違反とまでいえるかは疑問だし、ことに外国人(この子供もまだ日本国籍を得ていない以上
明らかに外国人である)に保障される範囲の平等保障に違反するかはかなり疑問だ。

273 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 03:46:55 ID:???
つまりハードルの下がり度合いが、ほとんど下がったことに
ならないんじゃないの?ってこと。

もう一方でたまたま親が結婚しなかったばかりに、法律的にも
父子関係があるのに国籍が得られないという状況がある。
ハードルがそれほど下がらないのなら、そういった状況改善に
重きを置くのはありえることだと思うけど。

274 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 04:07:29 ID:???
まぁ、法改正ということになっても、不具合が起こらないように上手く
やってくれる事を祈るよ。

偽装結婚の場合は、実際に同居など結婚生活の実態があるかどうかを調査できるけど、
偽装認知の場合は、DNA調査を強要できるわけでもなく、防ぎようがない。

275 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 04:12:17 ID:???
離婚が大変だから、偽装結婚の意外と大変。
この場合外国人女性は、祖国に帰ることを前提としていることが多い。
偽装認知にすれば、そのリスクなし。

あきらかにハードルが下がっている。
下がること自体は、今回の最高裁の判決でしかたがないにしても、不正防止をどうするかは、難題だ。

276 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 04:12:23 ID:???
お前らも相当に純血主義だなw

277 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 04:19:20 ID:???
別に父母が結婚しようがすまいが生後認知では国籍付与しないと法律改正すれば違憲でもなんでもなくなるけどな。

278 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 05:33:46 ID:???
その規定自体の合憲性が問題になるだろ

279 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 05:35:38 ID:???
某試験の受験のための学歴要件もどうにかなんねえかな

280 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 06:20:04 ID:???
>>279
低学歴の急死ヴェテ乙www

281 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 06:30:00 ID:???
日本の法学士はアメリカではJDと扱われてきたので、JDたる法務博士が受けられる試験が
法学士には受けられないのはおかしい。

282 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 07:53:41 ID:???
>>281
過去と現在の区別すら付けられなくなってますね。
痴呆が進行していますので、早めの治療をオススメします。

283 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 07:58:09 ID:???
>>278
どこが違憲なの?

284 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 08:10:09 ID:???
まっ、国籍くらい与えてあげたらええやん。
日本国籍を持ってるだけで、「日本人」になるわけじゃないし

285 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 08:21:41 ID:???
多数意見は生後認知における嫡出子と非嫡出子の差別を問題としているわけだから、
生後認知は全部手遅れで帰化の方法によってでなければ国籍取得できない、
と法改正してしまえば、今回の判決との関係では問題なくなるよね。


286 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 08:30:12 ID:???
>>277,278
その可能性もあるかもね。地裁だったか別の事件だったかでそういう意見をみかけた。

287 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 08:33:33 ID:???
国籍を取得することとなる日本人の父親による認知は、
DNA鑑定などによる具体的な親子関係を役所にたいして証明しなくてはならない
とするのは、違憲になるのか?
母子関係と異なり父子関係は不明確なこと、虚偽の認知による国籍取得の誘惑がある一方で虚偽認知によるデメリットは必ずしも高くないこと、
入国管理における我が国の方針などに照らせば
立法裁量を逸脱するほど不合理とはいえないのではないか?

288 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 08:33:48 ID:???
我が国が血統主義を採用しているという前提を忘れて議論しては駄目だろうな

289 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 08:56:45 ID:???
いかにも日本的
そこがそもそも問題なんだがな

290 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 09:11:39 ID:???
意思主義のみで子の国籍取得の可否が左右されるのは問題ありだね
ブローカーが貧乏な子持ちのフィリピーナを適当に現地調達してきて、生まれた子を認知すれば
特別養子縁組制度を利用することで、その子を人身売買の商品として利用できることにもなる
少なくとも一定限度の具体的蓋然性に基づく判断基準が必要だ

291 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 09:20:44 ID:???
>>286

今回の判決読んだ?

292 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 10:00:32 ID:???
これって母親の滞在要件とかかわるんじゃないかな。
子どものためというよりは、親のための訴訟だったのでは。

293 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 10:03:02 ID:???
一般人には受ける判決だが、少しでも法律かじっているやつに
とっては頭が混乱する判決だな。こういうの珍しい。


294 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 10:54:39 ID:???
>>290
むしろ意思以外の血統に依拠することが時代に合わないんだよ

295 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 11:07:23 ID:???
4万人の現在の国籍の内訳が気になるよ。
中国人が多いんだろうな。

あと、違憲ってことになると国賠の可能性も出てくるのかな。
60年判決の厳格な要件もクリアしてしまいそうで怖い。

296 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 11:12:24 ID:???
近藤補足意見の最後の部分の、今回の判決により国籍が認められた者と、立法府が新たに要件をつけた法改正をした場合の国籍が認められない子とに差異が生ずることにつき、「異とするに足りない」との意味がよく分からん。

297 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 11:16:03 ID:???
>>291
読んだよ。実は3条自体が国籍法の体系の中では異物とも言える。
ちょっとわかりにくいかもしれないが藤田意見参照。

298 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 11:18:57 ID:???
原告団の背後に婚姻制度自体を廃止しようとする団体がいることは明らかだな。
子供を利用するなよな。

299 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 11:35:08 ID:???
>>298
訴訟を通じて制度の変革を訴えるのは別にずるいことでもなんでもない
ある意味表現の自由の範疇

300 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 11:54:01 ID:???
多数意見と立法不作為アプローチのどっちが妥当なのか
よく分からなくなってきた・・・。

301 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 12:27:18 ID:???
妥当ということばの使い方を知らん奴が多い
攻殻見てたら3回ほどそういうシーンがあった
お前ばかりではない>299

302 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 12:27:40 ID:???
おっと>300だった

303 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 12:33:05 ID:???
比較してどの辺をどう捉えてどう悩んでるのか書かないと


304 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 15:10:19 ID:???
やはりよく言われるように出身によって意見が割れてるように見えるよね。
お国の・・・とは言いたくないけど。
まあ参考までに。

【論点1】
〔違憲〕 9名
 ・裁判官枠 5名
 ・弁護士枠 4名
〔区別は違憲、3条1項は合憲〕 3名
 ・裁判官枠 1名
 ・検察官枠 1名
 ・研究者枠 1名

〔合憲〕 3名
 ・行政官枠 2名
 ・検察官枠 1名


【論点2】
〔積極〕 9名+1名
 ・裁判官枠 5名
 ・弁護士枠 4名
 ・研究者枠 1名 

〔消極〕 5名
 ・裁判官枠 1名
 ・行政官枠 2名
 ・検察官枠 2名



305 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 17:59:42 ID:???
日本に危機感持つなら参加汁
http://sports11.2ch.net/test/read.cgi/offreg/1207488494/

306 :氏名黙秘:2008/06/06(金) 10:21:59 ID:N5WS9sVY
何故、法の下の平等かわからん。
別に「結婚したら外国籍に配偶者にも日本国籍を与えることができるとする」となっている条文を類推適用して、配偶者の子供にも適用すればいいじゃん。


女性専用車とか、強姦罪の方が法の下の平等に反している。


307 :氏名黙秘:2008/06/06(金) 10:40:49 ID:???
>>306
つ国籍法

308 :氏名黙秘:2008/06/06(金) 10:59:38 ID:???
「問責決議案を可決しても福田内閣には関係のない話だ」
「今の参議院は民主主義に反しており、税金の無駄。一院制にすべきだ」
「地球温暖化対策にはガソリン暫定税率を維持することが重要だ」

・・・自民党をのさばらせていることのほうが、はるかに問題だ

309 :氏名黙秘:2008/06/06(金) 21:14:54 ID:???
>>306
女性様を優遇するのはいいんですよ

310 :氏名黙秘:2008/06/07(土) 11:11:19 ID:/qTAeXBT
参政権を与えたら大事になりますよ

日本国内に朝鮮自治区を作ることが目的だ。

朝鮮人が自治体を奪うと、下記のことが予想される

朝鮮人が住民の少ない自治体に住民票を移し、自治体を乗っ取る計画
今、人口が一番少なく老人の多い鳥取県で参政権よこせと騒ぎ勝手に
シンポジュームを開いて騒いでいる。

騙さないように、注意しなければいけない。

@ 職員を朝鮮人に置き換える
A 税金を人道援助として、北朝鮮のために支援に使う。
B 韓国、北朝鮮の難民を受け入れ生活保護を受け取る、財政破綻する
C 反日教育をする。
D 政務調査を韓国、北朝鮮のために使う
E 朝鮮人が増え、県や日本政府と対立する、国防上の問題が起こる。
F 日本海の自治体が独立宣言する。
G 天皇制を廃止する

対馬の小さな市に住民票を移動させ 市長議員を独占し自治体運営を獲得
そして反日自治体となり、日本人が住みにくいようにし、韓国人北朝鮮難民
を受け入れ、安く土地を買いたたき手に入れて、日本から独立宣言する。


311 :氏名黙秘:2008/06/07(土) 11:21:30 ID:???
男の矜持のかけらもない情けないキモ男に限って女優遇だ、とかいってブーブー言うんだよな
2ちゃんなんてそんなのばっかw
生まれてこのかた女にもてるどころか相手にされたこともなくて恨みたまってるんだろうなw

312 :氏名黙秘:2008/06/07(土) 14:15:21 ID:???
すげぇw

313 :氏名黙秘:2008/06/07(土) 16:38:21 ID:e1K07zy/
>>309
だな。
労働法で女性を不利に扱うのは不法行為だが、男性を不利に扱うのは不法行為か否か?
なんていう論点がそもそもあるくらいだもんな。



314 :氏名黙秘:2008/06/07(土) 17:49:14 ID:???
A君の意見に賛成だ。

315 :氏名黙秘:2008/06/07(土) 18:13:56 ID:???
外国人参政権は認めてもいいけど、それなら特別永住者制度は廃止して全員帰国してもらうべき。
国内に百万人単位の外国人を抱えて参政権まで付与しちゃう国なんてない。

316 :氏名黙秘:2008/06/07(土) 22:18:21 ID:/qTAeXBT
参政権をみとめたら、奴ら、帰国どころか、自分達に都合のいい法案を
つぎつぎ通しちゃうじゃんか。
日本のなかに、チャイナタウン、コリアンタウン、イスラムタウン、
ブラジルタウン、フィリピンタウン、ああー、考えたくもねーよ。
自分の国より安全で快適で便利な国で参政権もらったら、しがみつくに
きまってるって! 人権擁護も外人参政権もぜんぶ駄目駄目駄目!

317 :AKURA4:2008/06/07(土) 22:22:01 ID:D0NzXj+y
結構大きい画像なので載せますね・3事項

http://send.microad.jp/cc.cgi?VYpue4.QmZ1w.G5Y5KHpKm5MIX5.J5niggkxie7yAT3BVCWc6RPeGnc3ldt5ZU9mcZHdNxEUpGEoMqG.aO3OuKbOAcfp9gxuBqnWSf7h81IQ.PDefaultGroup

http://send.microad.jp/cc.cgi?zOm2D19lEbK.Y9TXQ8TvOvd5cY8Lb8xaK7s1mVfJnHMCJ8oluci5ORgJuoR8qoUS1NhJDDrkP.ojlUpv8kFHrpUlkvJdO5oP5h3KJ0dngDccO6DefaultGroup

http://send.microad.jp/cc.cgi?sMo9ng2jGiuV9i1MFoe7XGFUuKhn5J.6tuGb52jMWxPo8QhRSE2s22ZQyrWdFQIZ8OGYzQqDFRWYNYXWPYpD0he.2lazaL.3S3.L.zJCDYC5uPDefaultGroup

318 :氏名黙秘:2008/06/07(土) 23:32:22 ID:???
>>285
たしかに。 しかし父親が外人、母親が日本人のときは婚姻してなくても生来的に国籍が取得できるのに
対し、父が日本人で母親がフィリピン人であるときは婚姻がないと国籍が取得できない差異が生ずるぞ
そしたらまた結婚観は変化し、婚姻を基準にするのは合理的関連性がないし、
母親が日本人であればうんぬんかんぬん、たぶん同じじゃね?いやしらんけど

319 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 09:26:08 ID:???
>>316
> 参政権をみとめたら、奴ら、帰国どころか、自分達に都合のいい法案を
つぎつぎ通しちゃうじゃんか。

こういう狭隘な発想自体が、法曹として向いてないよな。

国籍しか誇るもののない(てか、たかだか親が偶然日本人だから付与されてるだけで
そこまで尊大でいられるのがすごい)やつって哀れ。

320 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 09:30:15 ID:???
代理母出産を認めない日本では
日本人の母親のおまんこから子が排出されれば、その子は確定的に日本人だが
フィリピン人の母親のおまんこから子が輩出されても、その子は日本人の推定のしようがない
母親が釜のフィリピン人であって父親が鍋の日本人なら、生まれてくる子が日本人であることを考えると
その結論は仕方がないよ

321 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 09:35:40 ID:???
>>310
実はそういう自治体が経済力持ったりするかもね
周辺の自治体は財政難だろうし、吸収されてでかくなってくんじゃね?
そもそも日本人って、単純作業には向いてるけど
政策立案・企画・実行など頭を使う部門には決定的に向いてないよね。
選挙権は別にしても、首長や重要な官吏は外国人のみにやらせる
とした方がいいと思う。企業もしかりで、外国人のほうがよい。
日本人のトップは、労働者を搾取する発想しかないからな。

322 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 13:38:25 ID:???
>>317
マルチすんな

323 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 15:29:55 ID:???
3条が改正されると4条と3条の関係が憲法14条をめぐって浮上してくるかも。
こうなると際限なくなるだろうな。

324 :氏名黙秘:2008/06/08(日) 21:48:14 ID:???
こういうのこそ裁判員にやらせるべき

325 :氏名黙秘:2008/06/09(月) 15:38:16 ID:???
みなさんもう興味薄れてきたようですねw

326 :氏名黙秘:2008/06/09(月) 17:34:29 ID:???
そりゃそうだろ。

327 :氏名黙秘:2008/06/10(火) 23:53:55 ID:BAnBDDId
いっそ、生地主義にしちまうって荒業も考慮しては?

328 :氏名黙秘:2008/06/11(水) 06:55:45 ID:???
法学部じゃないのにこれについてのレポート課された・・。
誰かヘルプミー

329 :氏名黙秘:2008/06/11(水) 08:08:05 ID:???
>>328 
「いかにもフィリピーナって顔してるのに日本国籍」
「いかにも大和民族って顔してるのに半島人」
って時代がやってくるのさ

330 :氏名黙秘:2008/06/13(金) 11:20:50 ID:???
みなさん

もう興味薄れてしまいましたか?

331 :氏名黙秘:2008/06/13(金) 13:11:54 ID:2R/Wret7
学者の判例解説待ち。
辻本あたりの見解が気になる。

332 :氏名黙秘:2008/06/13(金) 18:30:58 ID:???
>>328
 有斐閣 重要判例解説
  平成17年度版 憲法5を読め。
   ついでに18年度版 国際法5もチェックしてみ。     


333 :氏名黙秘:2008/06/14(土) 14:59:45 ID:???
>>332
神様!ありがとうございます!!
ワードを開いてあぼーんしてたんですが今日から勧められそうです。
2chって暖かい。

334 :氏名黙秘:2008/06/14(土) 16:31:57 ID:???
お礼としてエロい画像でも貼ってくれ。

335 :氏名黙秘:2008/06/15(日) 00:06:26 ID:???
日本人オッサンがフィリピンで現地の女とやって子供つくる
その子供に日本国籍付与される
その女日本で働ける口実獲得→フィリピンパブでガンバルゾ!!

336 :氏名黙秘:2008/06/15(日) 11:31:27 ID:???
その単純な嗜好カイロなんとかしろよ恥ずかしい

337 :氏名黙秘:2008/06/15(日) 19:45:34 ID:???
頭が悪い奴にこれ以上のレベルを要求するのは酷ってもんだ

338 :氏名黙秘:2008/06/18(水) 10:44:48 ID:???
そうだよな
よーく理解しますたw

339 :氏名黙秘:2008/06/18(水) 12:10:05 ID:???
335みたいな馬鹿はウザい死んでしまえ
キチガイ裁判官ともにな

340 :氏名黙秘:2008/06/18(水) 14:40:29 ID:???
童貞なんでふぃりぴーなに筆卸してもらいたい

341 :氏名黙秘:2008/06/18(水) 15:43:15 ID:???
小澤マリア (日本×カナダ)
http://pics.dmm.co.jp/mono/movie/dasd0002/dasd0002pl.jpg
南波杏 (日本×オランダ)
http://pics.dmm.co.jp/digital/video/mde00120/mde00120pl.jpg
大沢佑香 (日本×トルコ)
http://pics.dmm.co.jp/mono/movie/3nwf108/3nwf108pl.jpg
柚木ティナ(RIO) (日本×ポルトガル)
http://pics.dmm.co.jp/mono/movie/60xv566/60xv566pl.jpg
花井メイサ (日本×ブルガリア)
http://pics.dmm.co.jp/mono/movie/oned965/oned965pl.jpg
麻倉ジェシカ (日本×アメリカ)
http://pics.dmm.co.jp/mono/movie/oned742/oned742pl.jpg
滝澤クリスタル (日本×スペイン)
http://pics.dmm.co.jp/mono/movie/36hime01/36hime01pl.jpg
中谷カイト (日本×スペイン)
http://pics.dmm.co.jp/digital/video/an00099/an00099pl.jpg
吉川エミリー (日本×ドミニカ)
http://pics.dmm.co.jp/mono/movie/uquv111/uquv111pl.jpg
滝川アンナ (日本×ブラジル)
http://pics.dmm.co.jp/mono/movie/71gas035/71gas035pl.jpg
愛嶋リーナ (日本×フィリピン)
http://pics.dmm.co.jp/mono/movie/iptd223/iptd223pl.jpg
ベティ・リン (日本×香港)
http://pics.dmm.co.jp/mono/movie/53dv843/53dv843pl.jpg
星野美空 (日本×フランス)
http://pics.dmm.co.jp/mono/movie/1nhdt385/1nhdt385pl.jpg
憂木瞳 (日本×ドイツ)
http://pics.dmm.co.jp/digital/video/56sea00254/56sea00254pl.jpg
あずみしおり (日本×スウェーデン)
http://pics.dmm.co.jp/mono/movie/migd145/migd145pl.jpg

342 :氏名黙秘:2008/06/19(木) 09:12:55 ID:???
これは・・・国籍を与えるべき

343 :氏名黙秘:2008/06/19(木) 10:52:22 ID:???
へー南波杏ってハーフだったんだ・・・
ていうか、AVスレにはってもらえるとありがたいw

344 :氏名黙秘:2008/06/19(木) 11:40:35 ID:0RkxDREY
DNA検査を義務付ければおk。
これで詐欺もなくなるし。


345 :氏名黙秘:2008/06/19(木) 16:20:02 ID:???
別に詐欺じゃないんでは?w

346 :氏名黙秘:2008/06/20(金) 10:03:51 ID:???
南波杏はなぜか黒人ものが多かったな・・・

347 :氏名黙秘:2008/06/21(土) 10:21:15 ID:???
南波杏はNO1からきてるんだろ、芸名。
美人だけど貧乳だったな

348 :氏名黙秘:2008/06/21(土) 10:27:31 ID:???
少子化対策判決か

349 :氏名黙秘:2008/06/22(日) 22:13:51 ID:???
南波杏って国仲涼子に
似てるよね

350 :氏名黙秘:2008/06/23(月) 10:52:18 ID:???
他にお勧めの
AV女優って
いないのかな
おせーてー

351 :氏名黙秘:2008/06/23(月) 13:00:33 ID:???
AV板があるのでそちらにどうぞ

352 :氏名黙秘:2008/06/23(月) 15:30:52 ID:???
RIOはいいよ。
ちょっと貧乳だけどねw

353 :氏名黙秘:2008/06/23(月) 15:50:47 ID:fhUwnBVL
お宝動画
http://jp.youtube.com/watch?v=SvbuJl9lAUI&NR=1


354 :氏名黙秘:2008/06/24(火) 14:37:22 ID:???
乙でっす

355 :氏名黙秘:2008/06/27(金) 11:48:28 ID:???
他にはありませんか?

356 :氏名黙秘:2008/06/29(日) 15:21:40 ID:???
正直、勃起して抜いた

357 :氏名黙秘:2008/06/30(月) 05:01:04 ID:JT75g2hc
自民党国籍PTの河野太郎議員のブログ。
国籍関連のエントリーに重国籍容認に反対のコメントをしても掲載されない&削除されるのですが
皆さんも思うことがあればぜひコメントしてください。
ttp://www.taro.org/blog/index.php/archives/885

ウォッチ板に専用スレもあります。
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/blog/1185269179/l50



358 :氏名黙秘:2008/06/30(月) 17:32:23 ID:???
あまり意味がない

359 :氏名黙秘:2008/07/03(木) 03:21:19 ID:???
この判決が出たことで,新司法試験でどんな問題が出る可能性が高まったのかが問題。
もっとも,影響が出るのは再来年以降だろうが。


360 :氏名黙秘:2008/07/03(木) 11:05:32 ID:???
で、エロ画像は?

361 :氏名黙秘:2008/07/03(木) 14:03:17 ID:???
>>341にあるよー

362 :氏名黙秘:2008/07/03(木) 14:06:47 ID:???
素敵な判決ですね わかります

363 :氏名黙秘:2008/07/04(金) 09:58:02 ID:???
やはりRIOが最高

364 :氏名黙秘:2008/07/04(金) 18:10:40 ID:???
俺はハーフ好きじゃないなぁ・・・
なんかね。。。

97 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)